〈bookrium=book+aquarium〉本の海を回遊するブックリウムの、本と陶芸のある生活です。


by bookrium
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:サポーター活動 ( 16 ) タグの人気記事

c0095492_2365434.jpg

10/22(日)、奥能登国際芸術祭最終日の受付は、EAT&ART TARO「さいはての『キャバレー準備中』」でした。ここは2回目です。
台風の雨風がひどい中も、最後までお客様は来てくださっていました。横なぐりの雨の中来られて、もう全部の作品は周れなくても訪れていただけて、芸術祭すごいなと感じました。
この日のカフェの営業は夕方まで。夜は芸術祭の閉会式が行われました。
珠洲市市長、北川フラムさん、市議、地元関係者、制作、事務局スタッフ、22日にサポーターに入っている人たちで、盛況な閉会式で終わりました。
最終日で7万人に到達したという発表もあり、盛り上がりました。
市長や北川フラムさんの挨拶、これだけの成果や地元の人の支えに、確実に珠洲が何か変わってきている感じを受けました。
挨拶の後は芸術祭のこれまでを振り返る映像、制作準備の掃除、始まってから作品を地元のおじさんおばさんが支えている様子、サポーターで毎週金沢から来られている人の言葉、始まってからの毎朝の元気な朝礼、夜事務局に帰って清算などなど、楽しかったです。
おいしい食事とともに、アーティストの方と再会したり、サポーターで一緒だった人と再会したり。お話しを楽しみ、まわりも芸術祭の話で盛り上がっていました。
余興の芸術祭クイズに参加して景品をもらったり、歌もあり、たのしい夜でした。
小林武史さんが現れて、ステージでピアノの演奏をしてくださったので驚きました。演奏したのは、飯田町のスメル館での展示、南条嘉毅『シアターシュメール』で流れる、ドビュッシーの「夢」。ここの受付に2回行き、作品内でも外でも何度も聞いていた音楽が間近で演奏されて、うれしかったです。
7月からサポーターに参加して、あっという間に最終日まできてしまいました。芸術祭終わるの寂しくなるかなと思っていましたが、閉会式がたのしくて、今まで充実していたなと、寂しい感じはなかったです。3年後に期待がもたれる素敵な夜でした。


[PR]
by bookrium | 2017-10-23 23:06 | 奥能登国際芸術祭 | Trackback | Comments(0)

受付7 飯田スメル館

c0095492_19483148.jpg

c0095492_19483135.jpg

10/11(水)は午前中だけ、閉館したスメル館「シアターシュメール」の受付をしてきました。2回目です。
8分半の上映です。朝作品確認のために、前回も今回も上映を見ました。音楽も含めて、素敵な詩的な作品です。砂状の珪藻土がゆっくり降り積もり、記憶や土が蓄積していくような。

受付はあと最終日22日に入ります。芸術祭もあと5日です。サポーターで会期前にお手伝いし、始まって約2周作品を見て、受付も何度かしました。あっという間で、もう終わってしまうのはさみしいですが、最後のお客さんを迎えて、自分もたのしみたいと思います。


[PR]
by bookrium | 2017-10-17 19:48 | 奥能登国際芸術祭 | Trackback | Comments(0)

受付6 飯田スメル館

c0095492_2033718.jpg

9/2(月)の受付は旧映画館での展示、南条嘉毅『シアターシュメール』でした。

[PR]
by bookrium | 2017-10-02 20:33 | 奥能登国際芸術祭 | Trackback | Comments(0)

受付5 見附海岸

c0095492_19271032.jpg
9/30(土)の受付は、見附島前のリュウ・ジャンファ『Drifting Landscape』でした。写真は今日のものではないけど、2回行ったときのもの。
一日中波音を聞きながら受付です。

c0095492_19271094.jpg
自分の作ったものが混じってるな、と思って写真。これはあの人が作ったとか、別のたのしみがありました。

c0095492_19271040.jpg
天気や時間で表情が変わります。

c0095492_19271046.jpg
まるで漂着したかのような景徳鎮、白磁、珠洲焼の向こうに、海が広がります。海の向こうに立山などの山並み、海には大小様々な船が過ぎてゆきます。ゆっくり時間をかけて眺めたくなる場所です。



[PR]
by bookrium | 2017-09-30 19:27 | 奥能登国際芸術祭 | Trackback | Comments(0)

受付4 キャバレー準備中

c0095492_20373689.jpg
9/25(月)の受付は、EAT&ART TAROさんの「さいはての『キャバレー準備中』」の受付でした。
この建物は以前、佐渡と珠洲を繋ぐフェリーの待合所、物産館、レストランを経ています。
裏口から入って準備中のキャバレーの楽屋を見たり、アーティストの作る食事、お酒にコーヒー、会話を楽しむことができます。1日いると、今度は誰かと来て、芸術祭の話とかしてみたいなと思いました。17時以降は楽屋は見られないけど、20時ラストオーダーでお店はしています。
c0095492_20373648.jpg
差し入れでいただいたコーヒー。コーヒーは朝焙煎しているいい匂いがしました。

c0095492_20373779.jpg
地元の人に差し入れでいただいたおやつ。

c0095492_20373789.jpg
関係ないけど、受付上の気になる巣。
私の見知ってるツバメは隅っこに巣を作りますが、この(多分ツバメの)大きい巣は左右壁がない所に作ってワイルドだなと思いました。これならカラスに落とされないのかも。昨日の西中町の蔵の中にもツバメの巣はありましたが、このへんはこういう鳥がきてるのだなとはじめて知りました。

[PR]
by bookrium | 2017-09-25 20:37 | 奥能登国際芸術祭 | Trackback | Comments(0)

受付3 西中町の蔵

c0095492_19261861.jpg

c0095492_19261898.jpg

c0095492_192618100.jpg

c0095492_19261839.jpg

9/24(日)は直地区にある、西中町の蔵での展示、田中信行『触生ー原初ー』の受付をしました。キリコ祭りと重なっていて、通るのを見られました。
あまり途切れることなくお客さんは来られていました。
パッと見て帰るより、ひとりの時に色んな角度でじっくり見ると、光や漆の色の変化が楽しめると思います。
1日目に周った時と、今日1日傍で見た時では、印象が変わりました。ちょっと愛着湧きます。

毎回朝にラポルトすずに集合して、受付場所を確認し、連絡事項を聞いています。
今日は北川フラムさんも来られていて、最後にお話しされました。がんばろうと思える内容でした。




[PR]
by bookrium | 2017-09-24 19:26 | 奥能登国際芸術祭 | Trackback | Comments(0)

受付2 ラポルトすず

c0095492_19125960.jpg
9/19(火)は、ラポルトすずでの展示、力五山『潮流ーガチャポン交換器ー』の受付をしました。
ラポルトすずでは、芸術祭のインフォメーション、グッズやリデザインされた珠洲の特産品が販売されています。
c0095492_1912593.jpg
パスポートを提示して、100円でガチャを回します。誰かの思い出のカケラをメッセージと一緒に受け取り、自分もまた思い出と言葉をカプセルに入れて、潮に流すように次の誰かへ送ります。

c0095492_19125987.jpg

〈名も知らぬ遠き島より 流れ寄る
椰子の実一つ 故郷の岸を離れて
汝はそも波に幾月〉

会場にはカプセルを作る案内チラシや中に入れるメッセージの紙があります。そのチラシには、島崎藤村の『椰子の実』という詩が書かれていました。
珠洲にまつわるもの、思い出のもの、旅をさせたいもの…、私もこの前いくつか出してみました。その中には、2個だけ自分の作った器もあります。遠くへ旅してくれたらいいなと思って、メッセージも書きました。連休は大勢来られていたので、もう誰かの手に届いたのかもしれません。使ってもらえたらうれしいです。

[PR]
by bookrium | 2017-09-19 19:12 | 奥能登国際芸術祭 | Trackback | Comments(0)

受付1 宝湯

芸術祭開催2日目、9/4(月)は宝立町の宝湯で、石川直樹『混浴宇宙宝湯』の展示受付でした。
1階は現在も営業中の銭湯です。のれん隣の入口から入ります。
c0095492_22243614.jpg

c0095492_2224361.jpg

c0095492_2224363.jpg

c0095492_22243659.jpg

c0095492_2224375.jpg
玄関から赤い絨毯の階段を上ると、中2階に受付があります。
動線の確認だけで展示を見る時間はなかったですが、今度はパスポートを持ってじっくり見たいなと思いました。銭湯もぜひ入ってみたいです。


[PR]
by bookrium | 2017-09-04 22:24 | 奥能登国際芸術祭 | Trackback | Comments(0)
c0095492_19285717.jpg

c0095492_19294131.jpg

8/27(日)は、正院町の漁業倉庫で、台湾のアーティスト、ウー・ジーツォン&チェン・シューチャンの『Passing』のサポートでした。
巨大な倉庫で不要な物の撤去や清掃をしてました。ここも完成がたのしみな場所です。
芸術祭まであと少し。



[PR]
by BOOKRIUM | 2017-08-30 19:28 | 奥能登国際芸術祭 | Trackback | Comments(0)

サポーター活動 番外

c0095492_19285851.jpg
昨日、三崎町粟津の海岸で撮った海。寺家方面。

今日は夕方、三崎町の旧小泊保育所で展示される、Ongoing Collective『奥能登口伝資料館』のために撮影がありました。場所はバスラマ・コレクティブの展示会場でもある、鉢ヶ崎わくわく夢らんど。写真はないけど、芝生でゆったりした場所です。
どんな感じになるのかわからない。けどたのしみです。



[PR]
by bookrium | 2017-08-23 19:28 | 奥能登国際芸術祭 | Trackback | Comments(0)