〈bookrium=book+aquarium〉本の海を回遊するブックリウムの、本と陶芸のある生活です。


by bookrium
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:陶芸( 69 )

製作

11月は少しずつ作っていました。
12月は窯焚き。いつもギリギリまでやってます。

c0095492_00585667.jpeg

c0095492_00592151.jpeg

c0095492_01000158.jpeg

[PR]
by BOOKRIUM | 2018-12-06 00:58 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

お茶席

c0095492_20182000.jpeg

今日から3日間行われる金沢城・兼六園大茶会。中村記念美術館の旧中村邸でのお茶席に行ってきました。
自分の急須が使われているのを見て、緊張しました。
勉強になりました。

[PR]
by BOOKRIUM | 2018-10-06 20:15 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)
入選作の展示と使用の案内が来ました。

鶴首花入は展示。
10/6(土)〜10/8(月祝)兼六園 時雨亭

茶席で急須を使っていただけることになりました。
10/6(土) 旧中村邸 松月流 です。

旧中村邸は、中村記念美術館にあります。
楽しみができました。


[PR]
by BOOKRIUM | 2018-09-06 20:25 | 陶芸 | Comments(0)

珠洲焼の写真

c0095492_02414309.jpg
広報の冊子開いたら使われてました。今日知りました。
別冊太陽の『大壺小壺』に載っていた壺の模倣です。元の写真の壺は端正で美しくて、お気に入りです。
見た人に聞くと、昔の珠洲焼にしては口が今のっぽい、壺の立ち上がりは昔の珠洲焼みたい、という意見でした。


[PR]
by BOOKRIUM | 2018-07-02 02:40 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)
高台を削る時に、高さを揃えるトースカン。陶芸用品のカタログを見ると5400円位だったので、自作してみました。

c0095492_12523365.jpg
Before
ちょうボルト 158円、6角ナット 108円
ミニ金具 118円×2、ミニ金具 128円
文具セット 99円、目玉クリップ 99円
合計 828円

c0095492_12530141.jpg
After
結構すぐ出来ました。
コンパスを分解。木は切れっ端。ネジで留めてます。

c0095492_21342040.jpg
こんな感じに削る前に測って高さを揃えます。

[PR]
by BOOKRIUM | 2018-07-01 12:51 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

磁器の削り

c0095492_23224037.jpg

c0095492_23232565.jpg

c0095492_23141558.jpg

c0095492_23151566.jpg

c0095492_23164000.jpg

c0095492_23095041.jpg

c0095492_22375311.jpg

春から週1回磁器を学んでいます。磁器は粘土触るのも初めてです。
粘土も石からなので土ものと違って、挽き方も、道具も、削り方も、ちょっとずつ違います。
新しく何か学ぶことはおもしろいです。ずっと煎茶碗挽いてます。
毎回写真で記録してます。最後の写真は先週、初めて磁器の削りをした時のもの。




[PR]
by BOOKRIUM | 2018-06-28 22:37 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

急須

最近の急須。
急須作りはとてもおもしろいです。

c0095492_1810643.jpg

c0095492_1810615.jpg

c0095492_1810611.jpg

[PR]
by bookrium | 2018-06-07 18:10 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

c0095492_15401021.jpg

珠洲焼のかわいい戌の年賀状が届きました。
開けるのがもったいなくて、眺めてます。何につけようかな、と思うのもたのしい。
昨年もいただきました。

[PR]
by bookrium | 2018-01-02 15:40 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

珠洲焼の甕、焼成後。

c0095492_20351860.jpg
7月に作った甕が珠洲焼資料館の復元窯で焼き上がりました。
写真は窯出しをちらっと見に行った時。自分の作った甕が洗われていました。叩き目に沿って、灰が流れています。割れてなさそうで一安心。
この甕は市内の神社からの依頼で、他の人が作った甕と一緒に地面に埋めることになっています。納めたらまた詳しく書くかもしれません。
依頼の珠洲焼古陶の見本に、サイズ忠実に作ってみました。
ゆっくり見る時間はなかったけど、この甕も生きてる間にもう見ることないかもなあ、と思ったり。





[PR]
by bookrium | 2017-08-17 20:23 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

復元窯

c0095492_16591618.jpg
今日は珠洲焼資料館の復元窯窯焚きに行ってきました。
この窯は昔の寺家クロバタケ窯を元に、復元された窯です。窯焚きをお手伝いに行ったのは、この窯の初窯以来だと思います。

ここには、7月に制作した甕が入っています。甕は他の人も作っていて、市内の神社で使われる予定です。



[PR]
by bookrium | 2017-08-07 16:59 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)