〈bookrium=book+aquarium〉本の海を回遊するブックリウムの、本と陶芸のある生活です。


by bookrium
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最低にして最高の道

c0095492_21194574.jpg

新潮文庫の伊藤信吉編『高村光太郎詩集』。いつ買ったか記憶がないが、たぶん松浦弥太郎さんの本を読んだ影響で買ったのだと思う。
写真のクウネル6号では松浦弥太郎さんが岩手·花巻の高村山荘を訪ねた文章が載っている。松浦さんは14歳のときに出会い、衝撃を受けた「光太郎さん」に呼びかけ、「最低にして最高の道」を紹介しています。

文庫の詩集には好きな詩がいくつもあった。「へんな貧」とか「百合がにほふ」とか。前に読んだ時より、はっとする。


  この心は棄てられない。
  いくら夢だときめてみても
  頑としてそこに居る。

    (焼けない心臓)


  智恵子は見えないものを見、
  聞こえないものを聞く。

  智恵子は行けないところへ行き、
  出来ないことを為(す)る。

  智恵子は現身のわたしを見ず、
  わたしのうしろのわたしに焦がれる。

  智恵子はくるしみの重さを今はすてて、
  限りない荒漠の美意識圏にさまよひ出た。

  わたしをよぶ声をしきりにきくが、
  智恵子はもう人間界の切符を持たない。

   (値(あ)ひがたき智恵子)


一番好きなのは「智恵子抄」の中の「亡き人に」の最後のところ。今までこの詩に気付かなかった自分に後悔。何度も何度も読み返す。高村光太郎は本当はあんまり好きではなかったけど、この詩の最後の2行が好きです。


  私はあなたの子供となり
  あなたは私のうら若き母となる

  あなたはまだいる其処にいる
  あなたは万物となって私に満ちる

  私はあなたの愛に値しないと思ふけれど
  あなたの愛は一切を無視して私をつつむ


 

高村光太郎詩集 (新潮文庫)
高村 光太郎
新潮社
売り上げランキング: 30,137
智恵子抄 (新潮文庫)
智恵子抄 (新潮文庫)
posted with amazlet at 13.12.05
高村 光太郎
新潮社
売り上げランキング: 78,839

[PR]
トラックバックURL : https://bookrium.exblog.jp/tb/9434361
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bookrium | 2008-08-12 21:19 | 好きな本 | Trackback | Comments(0)