〈bookrium=book+aquarium〉本の海を回遊するブックリウムの、本と陶芸のある生活です。


by bookrium
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

土脉潤起ーー『自然没入者の断想』

雨水初候・土脉潤起(つちのしょううるおう)The Earth Becomes Damp……雪が春の雨に代わり、大地に潤いを与える頃。

c0095492_20485026.jpg

〈ジャン・ジャック・ルソオは『自然に還れ』という。そして私は思う。自然に還れねばならぬ程自然を置去りにして社会に出かけた不幸な人々で如何に隙間もなく文化の世界が埋められていることかと。〉

平凡社STANDARD BOOKS中西悟堂『フクロウと雷』の末尾が「自然没入者の断想」です。1932年、36歳。
中西悟堂は明治28年金沢生まれ。

昆虫、鳥獣、植物の生態の観察は、限りない興味の秘密箱だという著者。神の無限の才能と創造力を見るような精巧さ多様さの万華鏡。〈智的な人々〉は、これらの生物の無尽の興趣に茫然自失することだろう、と。

〈自然の環境に置かれてある限り、人々は常に美と徳との善き調和の中に置かれている。〉

人々が自然を置き去りにし、小鳥や花や昆虫にまかせていることが文化だろうか。都会に鳥の訪れが少なくなったように人々の心に真の文化が少なくなり、古代の民が神聖視した樹木が駆逐されてゆくように人々から自然への敬虔の念が駆逐されつつある。

〈もしも人が自然の中にあって、自然の気質に無関心であるなら、最早そこには生命の調和がなく、人はただ心臓を鼓動させる一個の原始的生物、もしくは一個の物質となるであろう。〉

花や昆虫が人類に与えてくれたなぐさめ。どのような人の歳月にも、戦禍の大地にも、春は巡ってくる。
もう一度自然の中へ帰って、これらの言葉を綴る。
てんとう虫の行動を見ていたり、夏の小川に半身を浸して蜻蛉の産卵を眺めていたり、6月の林の中で巣の卵を抱いている親鳥の姿を見つめている、そんな人々は純真な驚きの心と、庇護の心とをもって、神聖に自然と対している。

〈私が所有したいものも亦、その目と配慮とに外ならない。〉








[PR]
トラックバックURL : https://bookrium.exblog.jp/tb/29317391
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bookrium | 2018-02-19 21:48 | 涼風本朝七十二候 | Trackback | Comments(0)