〈bookrium=book+aquarium〉本の海を回遊するブックリウムの、本と陶芸のある生活です。


by bookrium
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

『形の素』

c0095492_17101981.jpg

美術出版社から2014年に出た『形の素』。著者は赤木明登、内田鋼一、長谷川竹次郎。塗師、陶芸家、鍛金師が心惹かれたものの形を、写真と文で楽しめます。
3人共、いいなと思う形がありました。その中でも、内田鋼一さんの選んだものが好きです。特に「白信楽壺」。優美で寂しい感じの白で好きです。

内田鋼一さんは「珠洲壺」も紹介しています。

〈日本のやきものの中でもっとも好きなもの、惹かれるものの一つが中世古窯の珠洲焼で、その中でもとりわけ壺、甕に惹かれる。〉

世界や日本のいろんな場所から、3人の手元にやってきたものの中に、珠洲のものは2つありました。

そのひとつの赤木明登さんの選んだ「若山の椀」も好きです。珠洲の家の奥どこかにまだ転がってそうな、日常使われていたのだろうな、と思う慎ましい黒い器。

これは借りた本ですが、手元に置いて何度も見たいな、と思いました。






[PR]
トラックバックURL : https://bookrium.exblog.jp/tb/23750974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bookrium | 2015-03-24 17:10 | 好きな本 | Trackback | Comments(0)