〈bookrium=book+aquarium〉本の海を回遊するブックリウムの、本と陶芸のある生活です。


by bookrium
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

小暑――『雨のしずく』

小暑……梅雨が明け、本格的な暑さが始まる頃。

c0095492_2043561.jpg

〈海面に降りた 雨のひとしずくを
 僕は探す
 垂直にとびおりながら ほかのしずくより
 ひときわ きらりと目にしみた
 塩水の中に甘く
 そのしずくだけには 自分が永遠に失われるのを
 理解する力があつたから
 それだから海の中を
 僕は探す
 それから たちさわぐ波の上を
 僕だけが持つ はかない思い出の
 よろこびのために
 でもそれはむだなこと
 神すら何もなしえぬこと
 神の善意に頼つて見ても
 空と波と空気との
 言葉ない助けを借りて見ても〉
シュペルウ゛ィエル なだいなだ訳「雨のしずく」
[PR]
トラックバックURL : https://bookrium.exblog.jp/tb/20472262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bookrium | 2013-07-07 20:43 | 当世本二十四節気 | Trackback | Comments(0)