人気ブログランキング |

〈bookrium=book+aquarium〉本の海を回遊するブックリウムの、本と陶芸のある生活です。


by bookrium
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

北杜夫『少年』

c0095492_14453929.jpg

写真は昭和50年に出た中公文庫の薄い一冊。北杜夫は初めて読みました。77頁しかない短い小説ですが、少年の目から見たおぼろげな世界を描いています。

〈ゆうぐれ、川原の土手の草のなかに、ぼんやり寝ころんでいた。見あげる空が突きぬけてひろかった。
 川水の音を聞きながら、ぼくは考えた。空のふかさについて。そのふかさにつもる時間について。時間のひとすみにうごめく人間について。〉


著者北杜夫と同じ、信州松本の旧制高等学校の寮に入った17歳の〈ぼく〉。周りと比べるとまだ幼く、子どもとも大人ともつかない自分のことを、彼はこう言っています。

〈毎日、居ても立ってもいられないもの寂しさ。生きて鼓動している自分のからだが、やりきれなく寂しいのだ。ふと皮膚をふるわす、もののゆらぎ。神経をそよがす、もののかげ。このむずがゆい変化はどこからくるのだろう。ぼくは大人になりつつあるのかな。〉


無垢な少年は自然の中でとりとめのない回想夢想を積み重ねる。自分の中に芽生えた新しい感覚のために一度〈自然〉から追放された少年は、たったひとりでアルプスへ行き、〈怪異な、激越な、地獄をおもわせる別世界〉のような濃霧の中で神秘的な体験をする…。


この小説は北杜夫が23の時に書かれました。最初の長編小説『幽霊』の終章に、『少年』の最後の所はもっと精密に描かれているそう。
阿部知二の『地図』が好きな人は、この小説も好きな気がします。


 

トラックバックURL : https://bookrium.exblog.jp/tb/11059564
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bookrium | 2009-03-09 14:45 | 読んだ本 | Trackback | Comments(0)