人気ブログランキング |

〈bookrium=book+aquarium〉本の海を回遊するブックリウムの、本と陶芸のある生活です。


by bookrium
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

雨水――『ムーミン谷の冬』

c0095492_21242613.jpg

雨水(うすい)……雪溶けて雨水ぬるむ。もう雪は降りません、降るなら雨です、という時期。


c0095492_21242783.jpg

〈フィンランドの、冬は雪にうずまる谷間に、ムーミンという気のいい動物たちが住んでいます。〉
と訳者の山室静が冒頭で語る『ムーミン谷の冬』。
ある年の冬、目が覚めてしまったムーミントロールは、はじめて冬の世界とそこで暮らす人たちに出会います。

ムーミン家の水あび小屋に勝手に住んでいる、りこうぶったおしゃまさん、冒険心にとむちびのミイ、ふさふさしたしっぽがじまんの子りす、トロールのご先祖様、自分が狼の仲間だと思っているひとりぼっちの犬めそめそ、スキーが好きな陽気なヘムル、はいむしの小さなサロメちゃん…。

c0095492_21242833.jpg

おしゃまさんは作者トーベ・ヤンソンの友人をモデルにしているそうですが、すてきな人です。
しずかな青い目をもち、自分でつくった歌をかわいい声で口笛で吹き、赤と白のセーターを着て、春のにおいがしたらポンポンのついた赤いぼうしをいじくる。内側はうすい青色。そして春がやってきてみんなが目をさます時に、手まわしオルガンを回して谷間の奥まで起こしに行く。

おしゃま語録
「(ムーミンに対して)あんたになんかにゃ、わかりっこないわ。」
「ものごとってものは、みんな、とてもあいまいなのよ。まさにそのことが、わたしを安心させるんだけれどもね。」
「雪って、つめたいと思うでしょ。だけど、雪小屋をこしらえて住むと、ずいぶんあったかいのよ。雪って、白いと思うでしょ。ところが、ときにはピンク色に見えるし、また青い色になるときもあるわ。どんなものよりやわらかいかと思うと、石よりもかたくなるしさ。なにもかも、たしかじゃないのね。」
「この世界には、夏や秋や春にはくらす場所をもたないものが、いろいろといるのよ。みんなとても内気で、すこしかわりものなの。ある種の夜のけものとか、ほかの人たちとはうまくつきあっていけない人とか、だれもそんなものがいるなんて、思いもしないいきものとかね。」
「ものごとというものは、なんでも、たのしいほうに考えるものよ。」
「どんなことでも、じぶんで見つけださなきゃいけないものよ。そうして、じぶんひとりで、それをのりこえるんだわ。」



ちびのミイもかっこいい。
「あたし、もしかなしいとしたって、なにもそれを黒いリボンであらわす必要はないわ。」
〈かの女はいつでも、じぶんひとりでたのしむことを知っていました。じぶんがなにを考えようと、春がどんなにすきであろうと、そのことを人に話す必要は、すこしも感じなかったのです。〉


ムーミンが少しずつ雪のことを知ってゆくのが好きです。
〈じぶんのあたたかい鼻の上に、つぎつぎに雪がのっかってはとけていきます。かれは、それを手でつかまえて、しばらくのあいだ、うっとりと見とれました。それから空を見あげて、それがかぞえきれないほどたくさん、わた毛よりもやわらかく、ふわりふわりと、落ちてくるのをながめていました。
「雪って、こういうふうにふってくるのか。ぼくは、下からはえてくるんだと思っていたけどなあ。」〉


ムーミンは寒さに震えてやってきた生き物たちを家に迎え入れたり、ご先祖さまをそっとたいせつにします。陽気なヘムルが嫌になっておさびし山をすすめて体よく追い出そうとするけど、ついあそこはスキーに向かないよと言ってしまうムーミン。スナフキンもそんな気のいいやつがいるので谷に帰って来るのでしょう。
10月に南へでかけたスナフキンの春の手紙。

《チェーリオ。
 よくねむって、元気をなくさないこと。
 あたたかい春になったら、そのさいしょの日に、ぼくはまたやってくるよ。
 ぼくがこないうちは、ダムづくりをはじめないでね。》


太陽がやっと帰ってきて、ムーミン谷に光がふりそそぎ、パパたちは目を覚まし、おしゃまさんは手まわしオルガンを鳴らす――スナフキンが帰ってくるのには、もってこいの日。
クロッカスの芽を見つけ、寒くなっても大丈夫なようにガラスをおいてあげましょう、と言うスノークのおじょうさんに、冬を知ったムーミンは話します。このくだりは大好きです。

〈「じぶんの力で、のびさせてやるのがいいんだよ。この芽も、すこしはくるしいことにあうほうが、しっかりすると、ぼくは思うな。」
 こう、ムーミントロールはいいましたが、そのとききゅうに、とてもうれしくなって、なんだか、ひとりになりたくなりました。そこでかれは、ぶらっとたきぎ小屋の方へいきました。
 だれにも見えないところまでくると、かれはかけだしました。お日さまを背にうけて、雪どけのぬかるみを、走りに走りました。幸福でいっぱいになって、なんにも考えずに、走ったのです。〉


c0095492_21242722.jpg




トラックバックURL : https://bookrium.exblog.jp/tb/10923121
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bookrium | 2009-02-18 21:24 | 当世本二十四節気 | Trackback | Comments(0)