〈bookrium=book+aquarium〉本の海を回遊するブックリウムの、本と陶芸のある生活です。


by bookrium
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
c0095492_20445503.jpg
地産地消文化情報誌『能登』vol32・2018年夏号が発売されました。

特集Ⅰは能登國千三百年 歴史散歩。今回は鳳至郡です。今は鳳至(ふげし)という名前が変わってしまいましたが、この字が好きです。
伝統的な建築の黒島地区、門前の神社の船絵馬、桜滝など、気になる所がいろいろ。じっくり読みたい。

特集IIは海が見えるカフェ&レストラン。木の浦のCafe Coveはきれいな海とゆったりした時間でした。まだ行ってない眺めのいい気になるお店がいろいろ。

芝雪の連載「能登文学紀行」第3回は〈向田邦子 ルーツをさがして〉。能登島と向田邦子について書きました。

本屋で積んであるのを見て、連載のページを即確認して買ってしまいます。家帰ったら届いてました。
次の号も取り上げる作家は決めているので、がんばります。





[PR]
# by BOOKRIUM | 2018-07-11 20:44 | 本のまわりで | Trackback | Comments(0)

珠洲焼の写真

c0095492_02414309.jpg
広報の冊子開いたら使われてました。今日知りました。
別冊太陽の『大壺小壺』に載っていた壺の模倣です。元の写真の壺は端正で美しくて、お気に入りです。
見た人に聞くと、昔の珠洲焼にしては口が今のっぽい、壺の立ち上がりは昔の珠洲焼みたい、という意見でした。


[PR]
# by BOOKRIUM | 2018-07-02 02:40 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)
高台を削る時に、高さを揃えるトースカン。陶芸用品のカタログを見ると5400円位だったので、自作してみました。

c0095492_12523365.jpg
Before
ちょうボルト 158円、6角ナット 108円
ミニ金具 118円×2、ミニ金具 128円
文具セット 99円、目玉クリップ 99円
合計 828円

c0095492_12530141.jpg
After
結構すぐ出来ました。
コンパスを分解。木は切れっ端。ネジで留めてます。

c0095492_21342040.jpg
こんな感じに削る前に測って高さを揃えます。

[PR]
# by BOOKRIUM | 2018-07-01 12:51 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

磁器の削り

c0095492_23224037.jpg

c0095492_23232565.jpg

c0095492_23141558.jpg

c0095492_23151566.jpg

c0095492_23164000.jpg

c0095492_23095041.jpg

c0095492_22375311.jpg

春から週1回磁器を学んでいます。磁器は粘土触るのも初めてです。
粘土も石からなので土ものと違って、挽き方も、道具も、削り方も、ちょっとずつ違います。
新しく何か学ぶことはおもしろいです。ずっと煎茶碗挽いてます。
毎回写真で記録してます。最後の写真は先週、初めて磁器の削りをした時のもの。




[PR]
# by BOOKRIUM | 2018-06-28 22:37 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

急須

最近の急須。
急須作りはとてもおもしろいです。

c0095492_1810643.jpg

c0095492_1810615.jpg

c0095492_1810611.jpg

[PR]
# by bookrium | 2018-06-07 18:10 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

七ツ島の蜃気楼

c0095492_2054019.jpg
5/10の七ツ島と夕陽。

c0095492_2054072.jpg
5/12の七ツ島の蜃気楼。水平線に島が浮いています。たまにあるみたいですが、初めて見ました。

[PR]
# by bookrium | 2018-05-12 20:54 | 奥能登歳時記 | Comments(0)

藤澤清造の墓参り

c0095492_1954710.jpg

c0095492_1954754.jpg

今日は祥月命日なので、七尾市のお寺に藤澤清造のお墓を訪ねました。
静かなお寺に入って、お墓を探そうと思ったら、結構目立つところにありました。お花がないので、西村さんはまだ来てなさそうです。
藤澤清造については、17位の時に石川近代文学全集でその生涯、死因を知ってから、特別な作家です。
最近西村さんの本を集中して読んでるのですが、やっぱり『芝公園六角堂跡』、特に「十二月に泣く」がいいな、と思います。ピュアで、いいです。それまで読んだ拘泥、暴力の身勝手な論理の中で、最後に残されたものが、やっぱり清造しかない。まざまざと、孤独で、無垢で、それが良いとか素晴らしいという訳ではないですが、触れる感じがしました。
清造についていつか文章を書けたらな、と思っています。清造と、「十二月に泣く」。
西村さんの暴力物に喜ぶ人は、清造あんまり興味ないだろなあと思います。西村さんの文章は、とても読みやすいです。dv心理を知ることができるけど、非常にしんどくなります。
清造は、菊池寛に無理矢理下駄を買わせるエピソードが好きです。



[PR]
# by bookrium | 2018-04-29 19:54 | 北陸の作家 | Comments(0)

能登 vol.31が出ました。

c0095492_217326.jpg

地産地消文化情報誌『能登』春号が発売されました。

特集Iは能登國1300年ということで、歴史散歩は鹿島郡です。国指定史跡の七尾城跡、石動山、能登国分寺跡、石川県内の約4割が集中した「古墳の宝庫」鹿島郡。
5泊6日気多の神が七尾へ渡御するおいで祭りを追いかけた頁も面白いです。

特集IIは中能登町。農家レストランや農家民宿、移住して農業を営む人たち。中でも、古民家のリラクゼーションサロンの納屋を利用した花苗交換所が、いいなと思い素敵でした。

特集IIIは曽々木今むかし。昔観光バスが凄かったと聞いてました。今の道を見ても想像つかないなと思ってましたが、読むと面白いです。役小角が修行してた穴にはまだ入ったことがないです。

芝雪の連載・能登文学紀行の第2回は「宮崎孝政 櫻の花はちらないのだ」
宮崎孝政は2009年にこのブログで取り上げています(冬号の加能作次郎もそうでした)。9年経って、自分の中で沈めていたものが、世の中へ浮いて出た感じです。
孝政の詩をこれから読む人が増えたらいいなと思います。

c0095492_217398.jpg

ペーパーもまた作ってみました。孝政についてもまた書いてみました。




[PR]
# by bookrium | 2018-04-14 21:07 | 本のまわりで | Trackback | Comments(0)