〈bookrium=book+aquarium〉本の海を回遊するブックリウムの、本と陶芸のある生活です。


by bookrium
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:奥能登国際芸術祭 ( 3 ) タグの人気記事

8/12(土)のサポーター活動は、午前は木ノ浦海岸、午後は旧日置公民館でした。

c0095492_2041260.jpg
木ノ浦海岸。海水浴の人が多く来られてました。
c0095492_2041272.jpg
作品はこの奥の海岸に設置されるそうです。
アローラ&カルサディージャの『船首方位と航路』の展示を見やすくする為に、不用な草をよけたり、海岸に降りる遊歩道に砂利を敷いたり。
c0095492_2041350.jpg
海を見ながらカフェでランチ。

午後は移動して、旧日置公民館へ。写真はないです。
ここは、さわ ひらき『魚話』の展示場所です。
展示スペース以外の部屋やトイレなどを清掃しました。
途中、図書室スペースに残された古い本棚に、小山清の『小さな町』を見つけて、気になりました。

2つとも、どんな作品になるのかとても楽しみです。


[PR]
by bookrium | 2017-08-12 20:41 | 奥能登国際芸術祭 | Trackback | Comments(0)

サポーター活動2 馬緤

8/6(日)、奥能登国際芸術祭のサポーター活動に行って来ました。サポーターは2回目の参加です。
笹波に設置される、深澤孝史さんの『神話の続き』。
海岸で制作途中の作品を先に見て来ました。写真は載せない方がいいかなと思って、ここには載せませんでした。
普段は通り過ぎてしまう道ですが、少し降りると、別な世界が始まりそうです。

今回は馬緤町の休暇村センターで、作品に使うために集められた漂着物を洗う作業を1日していました。
c0095492_1735519.jpg

c0095492_1735597.jpg
様々な漂着物。どんな作品に仕上がるのか、楽しみです。
c0095492_1735572.jpg
休暇村センターを背に右手。奥を行くと笹波です。元々のバス停が既に、アレクサンドル・コンスタンチーノフの作品に展開されています。
c0095492_1735541.jpg
左手の海。大谷方向。


[PR]
by bookrium | 2017-08-06 17:03 | 奥能登国際芸術祭 | Trackback | Comments(0)

サポーター活動1 赤神

c0095492_14383297.jpg
7/15(土)、奥能登国際芸術祭サポーターを登録して初めて、村尾かずこさんの『サザエハウスか制作のお手伝いをしてきました。
壁一面にサザエを貼り付けます。無心になれます。

c0095492_14374994.jpg
これから貼る前。
c0095492_1437493.jpg
日差しよけながら制作。
c0095492_14374936.jpg
まだ貼ってない面。
c0095492_14374961.jpg
小屋の中から。サザエの中から見た海です。
c0095492_14374981.jpg
大崎島が見えます。
c0095492_14375091.jpg
サザエが洗われて、貼られるの待っています。

奥能登国際芸術祭については、これからまた詳しく書いて行こうと思います。

[PR]
by bookrium | 2017-07-24 14:37 | 奥能登国際芸術祭 | Trackback | Comments(0)