〈bookrium=book+aquarium〉本の海を回遊するブックリウムの、本と陶芸のある生活です。


by bookrium
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:やきもの ( 63 ) タグの人気記事

無題

c0095492_19241950.jpg

[PR]
by bookrium | 2012-03-04 19:24 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

秋草文壺

c0095492_1741762.jpg

形は渥美の秋草文壺を参考にしました。
珠洲焼の秋草文を参考に、オリジナルの文様を加えて描いています。

[PR]
by BOOKRIUM | 2012-03-03 17:39 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

コーヒー・カフェオレ用

c0095492_13404114.jpg

写真ではわかりにくいけど、上の白土100%〜下の黄土100%まで、6段になってます。
これは透明釉をかけ酸化焼成したので、白〜赤茶に。釉薬かけずに還元焼成だと、白〜黒になると思います。
[PR]
by bookrium | 2012-01-30 13:54 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

c0095492_216225.jpg
雪の朝の海
c0095492_2162255.jpg
ぼた雪降る
c0095492_2162261.jpg
雪と山茶花
c0095492_2162288.jpg
雪が肩にのった壺(自作)
c0095492_2162238.jpg
雪溶ける(壺にくっついてるのは復元窯の内壁です)
[PR]
by bookrium | 2012-01-14 21:14 | 奥能登歳時記 | Trackback | Comments(0)

埴輪っぽい馬

〈何となく埴輪の馬が欲しくなって、弘光寺さんに手紙を書いた。埴輪の馬と云っても無論、出土品ではない。〉小沼丹『埴輪の馬』

c0095492_1585584.jpg

この小説は、むかし田舎に来た清水町先生(井伏)と愉快な面々?が弘光寺さんに案内された新車(消防車)に乗って、子供たちに村長だ!となぜか騒がれるのが、かわいいと思います。埴輪の馬はほぼ出てこない。

むかし読んだその話が好きで、前に作ってみた馬。高さ10㎝位。これは温度が高すぎるので窯の外、けむり道脇に置きました。だから顔は焦げた。
[PR]
by bookrium | 2011-10-31 15:08 | 陶芸 | Trackback | Comments(1)

小鳥

c0095492_21424558.jpg


これは蓋物。裏にはヒビがあります。
サイズは10cmくらい。

c0095492_21362021.jpg

中に何か入れると、こんなかんじ。
[PR]
by bookrium | 2011-10-05 21:42 | 陶芸 | Trackback | Comments(4)

花入れ

c0095492_16332863.jpg

[PR]
by bookrium | 2011-05-21 16:33 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

アロマポッド・茶香炉

c0095492_23524228.jpg
c0095492_06551.jpg

電気窯で焼成しました。
[PR]
by BOOKRIUM | 2011-05-05 00:04 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

焼成前後

秋草文壺。手本はこちら。昨年10月に作って、今年3月に焼きました。
(小さい写真はクリックすると拡大表示されます)
c0095492_3514641.jpgc0095492_3523675.jpg

c0095492_3515285.jpg
c0095492_3524186.jpg

c0095492_3515883.jpgc0095492_3524686.jpg

c0095492_352321.jpg
c0095492_3525226.jpg

c0095492_4141983.jpg

[PR]
by bookrium | 2011-04-11 11:40 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

星座

点灯前。15×16㎝位。もうちょっと濃い灰色です。
c0095492_22354734.jpg

点灯後。40W。天の川と冬の大三角形。
c0095492_22303884.jpg

c0095492_22314680.jpg

点灯の感じは思っていたのと違いました。
[PR]
by BOOKRIUM | 2011-01-01 22:46 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)