〈bookrium=book+aquarium〉本の海を回遊するブックリウムの、本と陶芸のある生活です。


by bookrium
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:やきもの ( 66 ) タグの人気記事

〈「才能のことはよくわからない。でも私の作品はけっこうここでよく売れているの。たいしたお金になるわけではないけれど、自分の作ったものが、ほかの人たちに何らかのかたちで必要とされているというのは、なかなか素敵なことよ」〉


c0095492_11201932.jpg


自分の作ったカップ。人の手に渡ったもの。
36歳までに読んだ方がいいと薦められた、村上春樹の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』。
作品の中に出てくる、〈クロ〉こと、エリは〈「私はできればものを書く仕事に就きたいと思っていた。昔から文章を書くのが好きだったから。小説か詩か、そんなものを書いてみたかった。」〉と36歳の同級生、主人公つくるに語ります。

〈「さようなら小説、こんにちは陶芸。」〉とエリは言いました。

この言葉が、何度も何度も、自分の中で繰り返しています。

読み終わってから、作中にたびたび出る、ラザール・ベルマンの演奏するリストの『巡礼の年』も、繰り返し聞いています。

〈今の自分に差し出せるだけのものを、それがなんであれ、そっくり差し出そう。深い森に迷い込んで、悪いこびとたちにつかまらないうちに。〉

この文章も忘れ難いです。

c0095492_11201929.jpg

読み終わった日に見た夕陽。



[PR]
by bookrium | 2017-01-01 11:29 | 好きな本 | Trackback | Comments(0)

花入

c0095492_19352330.jpg

c0095492_19352314.jpg

たぶん花入。ひびが入ってますが。
これは穴窯の下焚きの脇に置いたのですが、焼肌が手を切りそうな位ガサガサでした。上の写真は窯出し時、下は軽くブラシで落とした時。淡い緑が出てきました。
焼きが甘くて、作って思い入れもなく、あんまりいい形ではなかったけど、竹筒を入れて花を生けたらおもしろいかもしれないな、と思います。
[PR]
by bookrium | 2015-03-25 19:35 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

c0095492_23163409.jpg

ロクロの前に貼ってあるもの。
伊勢崎満さんのこの大徳利が好きです。


[PR]
by BOOKRIUM | 2015-03-18 00:01 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

窯焚き

2月に窯焚きがありました。
c0095492_22372659.jpg

c0095492_22352022.jpg
下焚きの燠。
c0095492_22393391.jpg

c0095492_22414875.jpg

c0095492_22452544.jpg
窯から取り出し、燻した色見。
c0095492_22484898.jpg

[PR]
by BOOKRIUM | 2015-03-17 23:09 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

一輪の花

c0095492_12475549.jpg

小さな花入を作りました。ごつごつした中に小さな花を入れたら可愛いかな、と思います。
これは薪窯で焼成です。

[PR]
by bookrium | 2015-03-17 12:47 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

鳥湯呑み

c0095492_12442424.jpg

こんな鳥の絵が描いてある湯呑みを見て、欲しくて自分で作ってみました。
素焼きした上に蝋抜きして絵を描いて、白くなる釉薬を掛けます。絵だけ浮かび上がる(はず)。
[PR]
by bookrium | 2014-11-09 12:44 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

ポット

c0095492_19233650.jpg
中に茶漉しを作り、口や取っ手のパーツをつけた所。黒いのは筆ペン。
前に写真をのせたポットは良くなかったので割りました。これもあんまりだけど。

c0095492_19233681.jpg
電気窯で800℃で素焼きしたもの。小さく縮んだので、蓋は予備のものに替えました。これから釉薬を掛けて本焼きをします。

c0095492_2263042.jpg
釉薬を掛けて電気窯で焼いたところ。土の耐火度が弱かったのか火膨れがぼこぼこと表面に出てます。

c0095492_2263043.jpg
コーヒーサーバーが欠けたので代わりに使ってみました。
その後、加賀棒茶を入れるのにちょうど良くて、よく使っています。
使ってみると、ふたの内側のかかりをつけたり、取っ手に親指を置くところをつけるとよかったな、と思いました。



[PR]
by bookrium | 2014-11-05 19:23 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

福うさぎと小皿

c0095492_19214210.jpg

[PR]
by bookrium | 2014-11-05 19:21 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

珠洲焼まつり

c0095492_18402013.jpg

c0095492_197141.jpg

c0095492_1848505.jpg

この土日は珠洲焼まつりが開催していました。

芝生の上で17人位の作家の展示販売、館内で作品の生け花展、電動ロクロ体験が行われました。

白い屋根の小さな家は、芝生の上にいくつも置かれてました。
もうひとつはスマイルサイコロ。
どちらもお香立てです。

ひさしぶりに小さなおうちのビスコッティ、それに鈴々堂の200円のコーヒーを。古川パンのおかしは人にもらいました。

台風前に晴れて、芝生でゆったりした雰囲気のおまつりでした。
[PR]
by bookrium | 2014-10-12 18:40 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

小皿

c0095492_19314238.jpg

小皿作ってみました。まだ作ると思います。
決められた同じ形を作るのは苦ではなく、むしろ楽しい。オリジナルで何か作るのは難しいです。
作家には向いてないなと思います。
そもそも作家って何だろう、とも最近はよく思います。
[PR]
by bookrium | 2014-07-25 19:31 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)