〈bookrium=book+aquarium〉本の海を回遊するブックリウムの、本のある生活です。


by bookrium
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2013年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『雪と珊瑚と』梨木香歩

この本は装丁が好きです。
表紙も、読むと〈珊瑚〉はこんな女性なんだろうなと思い、開くと淡いブルー、花布の淡いピンク、スピンはグレーとか。

離婚した21歳の珊瑚が幼い娘の雪を抱えて店を開くストーリーは、保険証もなく自宅出産の過程もこんなに上手くいくのかな?と思いました。
硬い感じを受ける珊瑚が関わる人たちや食べ物でほぐれていくようでした。大根のダシと塩のスープ、小玉のタマネギとコンソメのスープがおいしそう。

後半の一通の手紙が、読んでいて感じる否定的な考えや違和感を見通してるようで、モヤモヤの行き場がないなと思いました。アレルギーのあるこどもの母親に、「メロンパンもどき」を渡す。珊瑚が良かれと思ってすることが、店側では困ることがわからない、そういうところがモヤモヤしました。
聖フランシスコの言葉〈施しはする方もそれを受ける方も幸いである〉、施すことと施されることが、何度か出てきます。

気になった一節。

〈新しい人生とは、赤ん坊のそれなのか、自分のそれなのか、珊瑚は分けて考えることをしなかったが、産むことでようやく、社会や、そこで生きていくことと、ちゃんと関われる気がした。今までずっと、「本当に起こっていること」の外側で生きている気がしていた。〉

〈自分の人生は、なんだかモグラに似ている、と思っていた。さしたる夢も野望もなく、とにかく目の前の土を掻きわけて、なんとか息のできるスペースをつくっていく、それの繰り返し。もっと大きな、なんというのか「ビジョン」というのか、人生の目標みたいなものが、自分にはない、〉

〈昔、鍵をかけなかったことに対する苦い思い出が、珊瑚にはある。だがそのことはもう、思い出さないことにしている。そんなことは自分の人生を左右するほどのことではない。〉

〈「どんなに絶望的な状況からでも、人には潜在的に復興しようと立ち上がる力がある。その試みは、いつか、必ずなされる。でも、それを、現実的な足場から確実なものにしていくのは温かい飲み物や食べ物――スープでもお茶でも、たとえ一杯のさ湯でも。そういうことも、見えてきました。」〉

本をほとんど持ってない珊瑚が、家を出るとき持って出た一冊の本、石原吉郎の詩を読んでみたくなりました。


雪と珊瑚と
雪と珊瑚と
posted with amazlet at 13.12.28
梨木 香歩
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 44,818

[PR]
by bookrium | 2013-12-28 16:57 | 読んだ本 | Trackback | Comments(2)

冬至――『冬が来た』

冬至(Winter solstice)……北半球で太陽が最も低く、夜が最も長くなる日。

c0095492_1448233.jpg

〈きっぱりと冬が来た
 八つ手の白い花も消え
 公孫樹(いてふ)の木も箒になつた

 きりきりともみ込むやうな冬が来た
 人にいやがられる冬
 草木に背かれ、虫類に逃げられる冬が来た

 冬よ
 僕に来い、僕に来い
 僕は冬の力、冬は僕の餌食だ
 
 しみ透れ、つきぬけ
 火事を出せ、雪で埋めろ
 刃物のような冬が来た〉伊藤信吉編『高村光太郎詩集』より

[PR]
by bookrium | 2013-12-22 14:48 | 当世本二十四節気 | Trackback | Comments(0)

冬の日

c0095492_223711100.jpg

[PR]
by bookrium | 2013-12-15 22:37 | 奥能登歳時記 | Trackback | Comments(0)

活字になること

いま、来年春発行予定の冊子の文章を書いています。
資料をまとめるのがほとんどですが、自分で書いたものが活字になるのははじめてです。
テーマが多数あり、20本を担当しました。
中学生の頃の自分が興味をもっていた歴史上の人物や伝説について書いたり、文章がかたちになったりするのは、昔の自分なら考えられなかったなと思います。
高校生の時に好きだった作家に数年後会えたように、願っていることで叶うこともあるのだなと思います。
c0095492_16354083.jpg

[PR]
by BOOKRIUM | 2013-12-12 16:38 | 本のまわりで | Trackback | Comments(0)

大雪――『見えない木』

大雪……雪が激しく降り始める頃。

c0095492_1151277.jpg



〈雪のうえに足跡があった
 足跡を見て はじめてぼくは
 小動物の 小鳥の 森のけものたちの
 支配する世界を見た
  (中略)
 たとえば一羽の小鳥である
 その声よりも透明な足跡
 その生よりもするどい爪の跡
 雪の斜面にきざまれた彼女の羽
 ぼくの知っている恐怖は
 このような単一な模様を描くことはけっしてなかった
 この羽跡のような 肉感的な 異端的な 肯定的なリズムは
 ぼくの心にはなかったものだ

 突然 浅間山の頂点に大きな日没がくる
 なにものかが森をつくり
 谷の口をおしひろげ
 寒冷な空気をひき裂く
 ぼくは小屋にかえる
 ぼくはストーブをたく
 ぼくは
 見えない木
 見えない鳥
 見えない小動物
 ぼくは
 見えないリズムのことばかり考える〉
田村隆一『見えない木』


 
通勤電車でよむ詩集 (生活人新書)
小池 昌代
日本放送出版協会
売り上げランキング: 221,418

[PR]
by bookrium | 2013-12-07 23:55 | 当世本二十四節気 | Trackback | Comments(0)

ゴーストワールド

好きなマンガ『金魚屋古書店』の15巻が発売されました。
今回取り上げられている「ゴーストワールド」は昔シネモンドで映画を見ました。ラストが好きだった。

〈来るはずのないバスに乗り、住み慣れた街を旅立っていく主人公……〉
〈死んだわけではないのかもしれない。〉〈「少女の自分」に別れを告げて、大人となるために行ったのかもしれない。〉〈新しい世界に…〉

〈やさしいな。〉

〈ちがうよ。〉〈俺もイーニドと同じだから。〉


映画の後、この主人公と似ていると言われたことがある。

金魚屋古書店に出てくる人は一所懸命に何かを探してる。いつも。

この何年も、どこに行っても本当に欲しい本、探している本、というのがない。何かを探しているけど欲しいものはそこにない。
昔はお店の本棚が、どんな本を並べているかで主張してくるようで、新刊でも古本でもどこに行っても発見があった。
何かを欲しいと思う時が、また来るかはわからないけど、何かを探している人に手伝えるような人になれたらいいのに、と思う。
でももう本に対する気持ちは時間が経ちすぎて、私には無理かな…と思ったりもします。


金魚屋古書店 15 (IKKI COMIX)
芳崎 せいむ
小学館 (2013-11-29)

GHOST WORLD 日本語版
GHOST WORLD 日本語版
posted with amazlet at 13.12.07
ダニエル・クロウズ
PRESSPOP GALLERY
ゴーストワールド [DVD]
角川映画 (2009-06-19)
売り上げランキング: 6,197

[PR]
by bookrium | 2013-12-01 18:14 | 本のまわりで | Trackback | Comments(0)