〈bookrium=book+aquarium〉本の海を回遊するブックリウムの、本のある生活です。


by bookrium
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

冬の陽

c0095492_23225738.jpg

ちらつく雪に西日が反射していたけど撮れなかった。
[PR]
by bookrium | 2011-01-25 23:22 | 奥能登歳時記 | Trackback | Comments(0)

雪深

c0095492_1372841.jpg
サザンカと雪。
c0095492_024898.jpg
屋根の雪と氷柱。
[PR]
by bookrium | 2011-01-15 13:07 | 奥能登歳時記 | Trackback | Comments(0)

詩集『裸足』

〈勤め人のために
 靴下は朝にぶらさがっている〉
「裸足」

先週届いた、金子彰子さんの詩集『裸足』。
手製で作っているんだな、とブログなどで見ていましたが、自分のところにもやってくると思わなかったです。
中には、『二月十四日』以降もブログで詩を発表していた金子さんの詩13編が収められていました。


〈待っている間に
 髪は伸びて
 切れば冬の香りがした〉
「青春」

改めて読むと、好きな詩ばかりでした。
特に「青春」「裸足」「君に問う」の最後は好きです。

c0095492_0584089.jpg
 

  〈櫛をしまって
   順番に出て行く時間
   携帯を切って
   わたしの店を
   開けなくてはいけない〉
「裸足」
[PR]
by BOOKRIUM | 2011-01-10 03:31 | 好きな本 | Trackback | Comments(0)

けふといふ日

〈時計でも
 十二時を打つときに
 おしまひの鐘をよくきくと、
 とても 大きく打つ、
 けふのおわかれにね、
 けふがもう帰って来ないために、
 けふが地球の上にもうなくなり、
 ほかの無くなった日にまぎれ込んで
 なんでもない日になつて行くからだ、
 茫々何千里の歳月に連れこまれるのだ、
 けふといふ日、
 そんな日があつたか知らと、
 どんなにけふが華かな日であつても、
 人びとはさう言つてわすれて行く、
 けふの去るのを停めることが出来ない、
 けふ一日だけでも好く生きなければならない。〉


c0095492_0445939.jpg



室生犀星詩集 (新潮文庫 (む-2-6))
室生 犀星
新潮社
売り上げランキング: 176,742

[PR]
by BOOKRIUM | 2011-01-06 00:00 | 北陸の作家 | Trackback | Comments(0)

星座

点灯前。15×16㎝位。もうちょっと濃い灰色です。
c0095492_22354734.jpg

点灯後。40W。天の川と冬の大三角形。
c0095492_22303884.jpg

c0095492_22314680.jpg

点灯の感じは思っていたのと違いました。
[PR]
by BOOKRIUM | 2011-01-01 22:46 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

I wish you a Happy New Year.

c0095492_046297.jpg

画像はチェコのクルテク(もぐらくん)の昔のカレンダーです。のどか。
今年もあんまり更新しなさそうですが、よろしくお願いいたします。
[PR]
by bookrium | 2011-01-01 00:46 | | Trackback | Comments(0)