〈bookrium=book+aquarium〉本の海を回遊するブックリウムの、本のある生活です。


by bookrium
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

窯出し

(つづき)10月23日に釜から出しました。
c0095492_142649100.jpg

結構入ってる。
c0095492_14291267.jpg

水漏れ検査の後、洗って汚れを落とします。
c0095492_14294012.jpg

自分の。桃に手を伸ばす龍に乗った2匹の兎、ぶらさがった唐子。赤膚焼の絵付けを模写しました。
c0095492_14273720.jpg

[PR]
by bookrium | 2010-10-23 14:32 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

窯焚き

これは灯油と薪を併用した窯です。

窯詰めから小バーナー。
c0095492_159248.jpg
c0095492_1541228.jpg


木材の切端で温度を上げる。
c0095492_1521034.jpg

大バーナーに切り替え。
c0095492_1505875.jpg

定期的に赤松を投げ入れて1190度位で13時間位?引っ張る。
c0095492_1458497.jpg
モルタルを塗って閉めました。
c0095492_14553477.jpg
c0095492_14523892.jpg
後ろも砂を落として閉めました。
c0095492_14515181.jpg
(つづく)
[PR]
by BOOKRIUM | 2010-10-17 15:17 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

秋桜

c0095492_14291836.jpg
c0095492_14282663.jpg

[PR]
by BOOKRIUM | 2010-10-17 14:29 | 奥能登歳時記 | Trackback | Comments(0)

c0095492_14112371.jpg

[PR]
by bookrium | 2010-10-16 14:11 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

芙蓉

c0095492_23151486.jpg
〈山吹の にほへる妹が はねず色の 赤裳(あかも)の姿 夢に見えつつ〉 11-2786
c0095492_23125564.jpg

〈思はじと 言ひてしものを はねず色の 移ろひやすき 吾が心かも〉大伴坂上郎女 4-657

 (もう想うまいと言っていたのに 私の心は 朱華(はねず)の色のように 移ろいやすいのかもしれません)


 
[PR]
by bookrium | 2010-10-05 23:38 | 奥能登歳時記 | Trackback | Comments(0)

c0095492_22324551.jpg
〈(あなた、さぞお疲労(つかれ)、すぐにお休ませ申しましょうか。)
 (ありがとう存じます、まだちっとも眠くはござりません。先刻(さっき)体を洗いましたので草臥
 (くたびれ)もすっかり復(なお)りました。)
 (あの流れはどんな病にでもよく利きます、私が苦労をいたしまして骨と皮ばかりに体が朽(か)れましても、半日あすこにつかっておりますと、みずみずしくなるのでございますよ。もっともあのこれから冬になりまして山がまるで氷ってしまい、川も崖も残らず雪になりましても、あなたが行水をあそばしたあすこばかりは水が隠れません、そうしていきりが立ちます。
 鉄砲疵(きず)のございます猿だの、あなた、足を折った五位鷺(ごいさぎ)、いろいろなものが浴
(ゆあ)みに参りますからその足跡で崖の路が出来ますくらい、きっとそれが利いたのでございましょう。)〉
泉鏡花『高野聖』


手元のは高校生の時に買った、角川文庫クラシックスの。彼岸花と青い山のカバーが好きです。
写真はアオサギだと思います。
[PR]
by bookrium | 2010-10-03 22:32 | 北陸の作家 | Trackback | Comments(0)