〈bookrium=book+aquarium〉本の海を回遊するブックリウムの、本と陶芸のある生活です。


by bookrium
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:本のまわりで( 47 )

紀の川文庫



今日は午前中、紀の川文庫に行ってきました。私の借りている工房がある、旧本小学校の教室に、紀の川文庫があります。
小学校の旧校舎は、上は市立図書館の書庫、音楽室は社会人の吹奏楽団、家庭室は地域の認知症予防も兼ねたほのぼのカフェ、給食の調理室は珠洲焼の工房、というふうに使われています。
紀の川文庫の本は寄贈本です。
日曜日の午前中に貸出をしています。


c0095492_1423323.jpg

ミステリと時代小説の部屋。

c0095492_1423388.jpg

c0095492_1423320.jpg

c0095492_1423377.jpg

文学の部屋。

c0095492_1423430.jpg

社会、理科の部屋。

c0095492_1423462.jpg

今日借りた三浦哲郎の『白夜を旅する人々』。ずっと読みたかった1冊です。

今日は一人本棚に本を補充したり並べかえたりしていました。作業曲は『巡礼の年』。
久しぶりに本に触った気がします。年末に自分の本を売ったけれど、その時と今日では、違いました。
本棚は、人が触れると違うと思います。人も、こういうふうに本に触れることが、癒されるというか、私はこういうことが好きなんだろうな、と感じながら、作業していました。

[PR]
by bookrium | 2017-01-08 14:02 | 本のまわりで | Trackback | Comments(0)

本棚

c0095492_10263476.jpg



今日現在の本棚。並びにこだわりはないです。
年末に本を売って売って、棚が空きました。
珍しいので写真。
これの他に工房に行った本も多いです。
上の段の妖精の人形は、昔鳥籠に入れて売られていました。安い。
横の盃は、絵の中国の文人が何か勉強がんばってるな、と気に入りました。とても安い。
盃はいくつか並べて、小さなものを入れてます。
ホッパーのポストカードの横にあるのは、珠洲焼の小さなお家の香立て。
この空いた状態をキープしたいです。


[PR]
by bookrium | 2017-01-02 10:26 | 本のまわりで | Trackback | Comments(0)

一箱古本市

c0095492_18445526.jpeg

今日の一箱古本市で購入した本。
今回は木の浦。ニ三味珈琲の海の家前の芝生で開催です。
今日は他イベントの手伝いをしたので、15時終了までに行けるかな?と思ってたのですが、間に合いました。
一箱古本市を訪ねるのも、2年ぶりで、ひさしぶりです。一箱古本市も海辺も、ゆったりした時間でした。

長田弘の新書は、金沢から来られたあうん堂さんから。
幸田文の文庫は、September Booksさんで購入しました。
いいな、とひさしぶりに思い、欲しいなと思えました。

実はこの2年くらい、まともに本が読めないです。
小説とか、頭に入らないというか。
図書館で本を借りても、ちらっと見たり見なかったりで、返します。
陶芸の本、美術デザイン関係だけ、見て返すことがずっと続いてました。

このブログの更新頻度が落ちたのも、本を読んでないせいもあります。読まないと文を書かないし、書かないと更に億劫になるという…
でも最近誕生日プレゼントで、村上春樹の『色彩を持たない多崎つくると彼の巡礼の年』をいただいたので、まずはこれと、今日の2冊を読みたいなと思います。(特に多崎つくるは36歳までに読んだ方がいい!とイチ押しされました。なぜ36歳なのかは、読めばわかるのかな?)

今年はちょっと、最近ずっと考えていた、このブログに関してやりたいことがあるので、その準備過程を載せるかもしれません。
一箱古本市をひさしぶりに見て、ちょっと動こうかな、と思えました。






[PR]
by BOOKRIUM | 2016-06-12 18:43 | 本のまわりで | Trackback | Comments(0)

図書館のオススメ本

c0095492_1919123.jpg

c0095492_1919148.jpg

ちょっと前ですが、図書館に設置されている、新図書館を考える会のオススメ本を紹介したりオススメマップを貼ったりしている自由なボードに、書いてみました。
言われてパッと書いたので雑。
須賀敦子の方です。となりの鰐がインパクトあります。
最近本を読んでないので、前に読んでた須賀敦子にしました。

[PR]
by bookrium | 2015-09-25 19:19 | 本のまわりで | Trackback | Comments(0)

図書館展

c0095492_195986.jpg

c0095492_1959852.jpg

灯りを落とすとこんな感じです。

c0095492_1959845.jpg

フロアの案内。
日々展示は進んでいきそうな感じです。
[PR]
by bookrium | 2015-01-09 19:59 | 本のまわりで | Trackback | Comments(0)
c0095492_04163.jpg

珠洲市中央図書館の2階展示スペースで、これまで3回行なったワークショップの結果の展示を行なっています。
「こんなのあったらいいなをやってみよう!!」ということで、今までに出した図書館への意見を参考に今できることから、ちょっとソファでお茶したり、小さい子が靴をぬいであがれるスペースもあります。
ちょっと展示をお手伝いしました。いろんな人に興味を持ってもらえたらいいなと思います。

展示は1月7日(水)~1月18日(日)まで。
時間は平日9時~6時、土日9時~5時。
(12日はお休みです)

主宰:珠洲市立図書館新設を楽しみにする会
[PR]
by bookrium | 2015-01-09 00:04 | 本のまわりで

新しい図書館 2回目

c0095492_2221464.jpg

11/15(土)、市の新図書館について話し合うワークショップが現図書館の2階で行われました。新しく興味を持たれた人も来られて12名。
図書館資料や私も含め資料本を持ち寄ったのを見たり、図書館建設に向けた内部の話や、現図書館にいたる歴史を少し聞けました。
立地、児童館など複合施設にするか図書館の充実した単独施設がいいのか、建設に向けて館長を決めて準備室を設けた方がいいのではないか…など、いろんな意見が出ました。

新図書館への希望はいろいろとある中で、現図書館でもできることがあるんじゃないかという意見が出ました。
新図書館ができるまでの数年間、市民が今何をできるかということで、図書館の「友の会」の立ち上げという案が最後に出ました。
これは発展していけたらいいなと思います。

会の中で〈図書館が文化の中心になるように〉という意見があり、とても大事なことだなと思いました。
現図書館の建物は40年ほど経っていて、老朽化しています。新しく建つ図書館がもし40年50年とそこに在って、市民に愛されたらいいなと思います。
これからの40年と考えると、市民2名が加わった検討委員会が半年程3回の会議で、上に新図書館の案を出していいのかな、と思います。

『町立図書館をつくった! 島根県斐川町での実践から』という本を今読んでます。町民と職員が協議を重ねて、基本計画の策定から設計者の選定、数年間の図書館建設に向けたスケジュールが月単位で載っていて、こういったことをするんだなとわかりやすいです。
[PR]
by bookrium | 2014-11-15 22:02 | 本のまわりで | Trackback | Comments(0)

新しい図書館

c0095492_23155299.jpg

10月18日、珠洲市立中央図書館で、「こんな図書館あったらいいな♪ワークショップ」が行われました。
写真は色んな意見を付箋に書き出したところ。

珠洲市では新しい図書館をつくるために、新図書館建設検討委員会が立ち上がっています。
今回は委員に公募で選ばれたお二人を中心に、図書館に興味がある方たちが集まって話し合いをしました。

好きな図書館、理想像、色んなお話を聞けました。
聞いていて、自分の理想の図書館、本に対しての考えがまだしっかりないなと強く思いました。
本当は本があればそれだけでいい、と思ったりしますが、やっぱり本の数ではなく、どんな本があるか、どんなにきれいで立派な建物だとしても、人と人だと思いました。

次回は11月15日(土)13:30~17:00、中央図書館2Fにて行われます。
[PR]
by bookrium | 2014-11-01 23:15 | 本のまわりで | Trackback | Comments(0)

本を整える

c0095492_2202373.jpg

今日、廃校になった小学校の教室に、個人の蔵書を並べる手伝いをしてきました。
これから地域で貸出しをしていく予定です。
[PR]
by bookrium | 2014-07-20 22:00 | 本のまわりで | Trackback | Comments(4)

珠洲の一箱古本市

c0095492_19221348.jpg

今日、東山中の沢野果樹園で、一箱古本市が開かれていました。

りんごの看板を目印に、山の奥を進むと開けた場所に行われてました。写真左側の木陰の下にも出店しています。

ひさしぶりに色んな人の出した本を選ぶ楽しみや、果樹園のりんごを使ったりんごソースの蒸しパンとか、のびのびした場所と時間で楽しかったです。


購入した本(買った順)。みなさん安く出してました。

『ラピスラズリ』山尾悠子
『びんぼう自慢』古今亭志ん生
『聊斎志異の怪』
『かく No. 7』(これは無料のzine)

『太陽の木の枝 ジプシーのむかしばなし』(堀内誠一の挿絵がたくさん)
『ジプシーの謎』

『銀の三角』萩尾望都(『金魚屋古書店』に出てきて、前から読んでみたかった本。金魚屋で出てきたのと同じ『地球へ…』もあったけど、売れてました)
[PR]
by bookrium | 2014-07-06 19:22 | 本のまわりで