〈bookrium=book+aquarium〉本の海を回遊するブックリウムの、本と陶芸のある生活です。


by bookrium
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2017年 09月 03日 ( 1 )

芸術祭1日目ルート

c0095492_22202626.jpg

9/3(日)、珠洲市で奥能登国際芸術祭が始まりました。
この日は1日珠洲を周りました。写真は途中、道の駅狼煙で撮ったポスター。写真は石川直樹。
自分の記録で、1日のルートを書いてみます。数字は作品番号です。
テーマを決めて、2日に分けて鑑賞しようと思いました。1日目は「岬」「廃駅」、2日目は「内陸」、全体だと「鯨」で始まって「鯨」で終わる予定です。
自分のルートの順番はノートに書き出して計画してました。まずは海岸沿いに周ります。

c0095492_00382788.jpg
朝5時、三崎町粟津の海岸

[9]三崎粟津海岸 小山真徳『最涯の漂着神』(夜明けを迎え、作品前での舞踏『漂着神/祝祭/音連れ/彼方』を見ます)

朝9時30分から受付スタート

[1]旧清水保育所 塩田千春『時を運ぶ舟』
[2]赤神 村尾かずこ『サザエハウス』
[37]笹波バス停 アレクサンドル・コンスタンチーノフ『珠洲海道五十三次』
[3]笹波海岸 深澤孝史『神話の続き』
[4]木の浦 GYOKO YOSHIDA+KINOURA MEETING『海上のさいはて茶屋』
[5]木の浦 アローラ&カルサディージャ『船首方位と航路』
[6]シャク崎 鴻池朋子『陸にあがる』(結構歩く)
[7]折戸 旧日置公民館 さわひらき『魚話』
[8]折戸 日置ハウス(旧日置小学校) キジマ真紀『海と山のスズびらき』
[37]能登洲崎バス停 アレクサンドル・コンスタンチーノフ『珠洲海道五十三次』

道の駅狼煙でアイス休憩

[9]三崎粟津海岸 小山真徳『最涯の漂着神』
[10]森腰古民家 岩崎貴宏『小海の半島の旧家の大海』
[11]旧小泊保育所 Ongoing Collective『Ongoing Collective』
[12]鉢ヶ崎 バスラマ・コレクティブ『みんなの遊び場』
[13]旧蛸島駅 エコ・ヌグロホ『Bookmark of dried flowers』
[14]旧蛸島駅付近線路トビアス・レーベルガー『Something Else is Possible/なにか他にできる』
[15]正院旧漁業倉庫 ウー・ジーツォン&チェン・シューチャン『Passing』
[37]正院バス停 アレクサンドル・コンスタンチーノフ『珠洲海道五十三次』
[16]正院 恵比寿湯 麻生祥子『信心のかたち』
[17]正院 恵比寿湯 井上唯『into the rain』
[19]直 本江寺の倉庫 角文平『Silhouette Factory』
[20]野々江 西中町の蔵 田中信行『触生ー原初ー』
[21]道の駅すずなり横 ギムホンソック『善でも悪でもないキオスク』(韓国のアーティストが選んだ本も旧珠洲駅ホームに作られたキオスクには並んでいて、新潮文庫「ハックルベリィ・フィンの冒険」を購入)
[27]旧飯田駅 河口龍夫『小さい忘れもの美術館』(「ことば」を記入)
[29]上戸寺社の舟小屋 眞壁陸二『青い舟小屋』
[30]旧上戸駅 ラックス・メディア・コレクティブ『うつしみ』

ここで5時。

[32]旧鵜飼駅 アデル・アプデスメッド『ま・も・な・く』
[33]見附島 リュウ・ジャンファ『Drifting Landsape』

ここでまた自分の作った珠洲焼をいくつか見つけました。

[30][32]は日没後ライトアップをしています。ここは、9/4に改めて夜見に行きました。








[PR]
by bookrium | 2017-09-03 22:20 | 奥能登国際芸術祭 | Trackback | Comments(0)