〈bookrium=book+aquarium〉本の海を回遊するブックリウムの、本のある生活です。


by bookrium
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

借りた本

c0095492_20194143.jpg



『愛蔵版 名碗 大図鑑』は写真が大きいのと、裏返して高台の写真も載ってるのが惹かれました。
『詩の樹の下で』『一日の終わりの詩集』『最後の詩集』長田弘3冊。『なつかしい時間』を読んで、他の本も読みたくなりました。
『一階でも二階でもない夜』堀江敏幸は気になってたけど読んでなかったな、と思って。題名も気になります。
『肉体について』三浦哲郎。前にも借りたけど、全部読まずに返した本。読み通せず返す、そういうことがずっと続いてました。
『串田孫一 緑の色鉛筆』平凡社STANDARD BOOKSから出ています。中の栞を堀江敏幸が書いています。

三浦哲郎の本の装画、山口薫の「横にねるクマ」が好きです。串田孫一の本も素朴で好きです。この「科学のこころ」を本棚に、というSTANDARD BOOKSシリーズは他も読んでみたいなと思っています。




[PR]
トラックバックURL : http://bookrium.exblog.jp/tb/26312105
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bookrium | 2017-01-12 00:37 | 借りた本 | Trackback | Comments(0)