〈bookrium=book+aquarium〉本の海を回遊するブックリウムの、本のある生活です。


by bookrium
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

『雪と珊瑚と』梨木香歩

この本は装丁が好きです。
表紙も、読むと〈珊瑚〉はこんな女性なんだろうなと思い、開くと淡いブルー、花布の淡いピンク、スピンはグレーとか。

離婚した21歳の珊瑚が幼い娘の雪を抱えて店を開くストーリーは、保険証もなく自宅出産の過程もこんなに上手くいくのかな?と思いました。
硬い感じを受ける珊瑚が関わる人たちや食べ物でほぐれていくようでした。大根のダシと塩のスープ、小玉のタマネギとコンソメのスープがおいしそう。

後半の一通の手紙が、読んでいて感じる否定的な考えや違和感を見通してるようで、モヤモヤの行き場がないなと思いました。アレルギーのあるこどもの母親に、「メロンパンもどき」を渡す。珊瑚が良かれと思ってすることが、店側では困ることがわからない、そういうところがモヤモヤしました。
聖フランシスコの言葉〈施しはする方もそれを受ける方も幸いである〉、施すことと施されることが、何度か出てきます。

気になった一節。

〈新しい人生とは、赤ん坊のそれなのか、自分のそれなのか、珊瑚は分けて考えることをしなかったが、産むことでようやく、社会や、そこで生きていくことと、ちゃんと関われる気がした。今までずっと、「本当に起こっていること」の外側で生きている気がしていた。〉

〈自分の人生は、なんだかモグラに似ている、と思っていた。さしたる夢も野望もなく、とにかく目の前の土を掻きわけて、なんとか息のできるスペースをつくっていく、それの繰り返し。もっと大きな、なんというのか「ビジョン」というのか、人生の目標みたいなものが、自分にはない、〉

〈昔、鍵をかけなかったことに対する苦い思い出が、珊瑚にはある。だがそのことはもう、思い出さないことにしている。そんなことは自分の人生を左右するほどのことではない。〉

〈「どんなに絶望的な状況からでも、人には潜在的に復興しようと立ち上がる力がある。その試みは、いつか、必ずなされる。でも、それを、現実的な足場から確実なものにしていくのは温かい飲み物や食べ物――スープでもお茶でも、たとえ一杯のさ湯でも。そういうことも、見えてきました。」〉

本をほとんど持ってない珊瑚が、家を出るとき持って出た一冊の本、石原吉郎の詩を読んでみたくなりました。


雪と珊瑚と
雪と珊瑚と
posted with amazlet at 13.12.28
梨木 香歩
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 44,818

[PR]
トラックバックURL : http://bookrium.exblog.jp/tb/21176533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by キヨミン at 2014-01-29 11:28 x
こんにちは!私も先週ようやく読み終えた本でした。今の私の進む道と似ている・・・ラストの余韻が心地よい。心理描写が主人公にはできすぎている。私の思ったことです♪
Commented by bookrium at 2014-01-30 01:00
キヨミンさま
コメントありがとうございます。読まれたんですね!ラストは私も好きです。
この本に出てくるようなお店があったらいいのになと思ってしまいます。
by bookrium | 2013-12-28 16:57 | 読んだ本 | Trackback | Comments(2)