〈bookrium=book+aquarium〉本の海を回遊するブックリウムの、本と陶芸のある生活です。


by bookrium
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

啓蟄――『年を歴た鰐の話』

啓蟄(けいちつ)……冬ごもりをしていた虫(蟄)が、穴を開いて(啓いて)動き出す日。一雨降るごとに気温があがってゆき、春に近づいていきます。日差しも徐々に暖かくなってきます。


〈この話の主人公は、大そう年をとつた鰐である。〉

c0095492_12463335.jpg

レオポール・ショヴォ原作、山本夏彦翻訳の『年を歴た鰐の話』。

若い頃ピラミッドが建てられるのを見た鰐。
ナイル河の湿気が体にこたえて養生したが、辛抱できずにある日、家族を一匹食べる決心をする。
曾孫をかじっているところを、その母は見つけてしまう。

〈母親はにがい涙を流した。〉

鰐は追放され、十二本の足があるという蛸と友だちになる。

〈「そんなにたくさんの足で、何をするのだ。」
 「普通、足ですることなら何でも出來てよ。鼻や背中だつて掻けるし、歩いたり、泳いだり、魚をつかまえたりしますわ。ホラ、この魚、あげませうか。」〉


c0095492_12472261.jpg

蛸に御馳走してもらい、二匹はぐっすり眠った。〈もし、この蛸を食べたら。〉先に目をさました鰐は、自問自答する。
鰐は毎晩蛸の足を食べた。

〈彼は、彼女の好きな魚をとつて帰つた。彼女を日のあたらない岩かげに移して、つめたい昆布の寝どこの上にのせた。
 彼女は、彼が自分を愛していることを感じて、大そう幸福に眠つた。〉


夜になり、蛸を愛している鰐は、蛸を食べたくてたまらなくなる。

〈彼は彼女を、ほんとうにうまいと思つた。
 けれども、食べ終わるが否や、にがい涙を流した。〉



年を歴た鰐の話
年を歴た鰐の話
posted with amazlet at 13.12.08
レオポール・ショヴォ
文藝春秋
売り上げランキング: 411,204

[PR]
トラックバックURL : http://bookrium.exblog.jp/tb/17602923
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by BOOKRIUM | 2012-03-05 12:48 | 当世本二十四節気 | Trackback | Comments(0)