〈bookrium=book+aquarium〉本の海を回遊するブックリウムの、本と陶芸のある生活です。


by bookrium
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

一箱古本市@源法院

c0095492_23131975.jpg
写真は午後の箱。

売れた本はこちら(順不同)…
『洋酒天国』
『洋酒マメ天国』
『金沢 酒宴』
『トットのピクチャーブック』
『文学への旅 金沢』
『アリスの不思議なお店』
『暮しの手帖 保存版 花森安治』
『おんな作家読本』
『パリの本屋さん』
『海月書林の古本案内』
『絵のない絵本』
『ゲンイチロウのチョイチョイ話』
『サンポマガジン 2』
『ドノゴトンカ 0』
『いろは 1〜5』
『なごやにくらす8.9.10』
『歩のあゆみ』
『ku:nel』『Arne』13冊
『sumus』加能作次郎の号と岡崎武志詩集の号
小物とか
 外国古切手×20枚
 小鳥のクリップ×2羽
 花森安治の一筆箋×2

……いろいろで、合計16200円売れました。
暑い中購入していただいた方、ありがとうございます。
印象深いのは、ずっと手紙のやりとりだった人、メールのやりとりだった人とお会いできたことや、詩人の金子彰子さんにお会いしたこと(あの空間に龜鳴屋の詩集を買った人が4,5人もいた)、古本万歩計さんの箱は渋かったこと、夕方龜鳴屋さんにお会いして南陀楼さんとあうん堂にて3人で話したこと(参加する前から本談義が盛り上がってた)。金沢の某古本屋や古本屋の話をする。龜鳴屋の謎の書庫。UFO。いま徳田秋聲記念館がすごい。いろいろ話した末、付箋貼ったままの本にサインしてもらう。
あと「ブックリウムさんはどこに実店舗があるんですか?」と二人組の青年に聞かれたのも、印象深いです。


購入した本とか
『新月いわし洞通信』(新月いわし洞)
『春の嵐』ヘッセ(となり町書房)
 あみぐるみネコストラップ(NYAN CAFE-BOOOKS)

夕暮れの浅野川。右手が主計町。

c0095492_231431.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://bookrium.exblog.jp/tb/15045997
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Kaneco at 2010-09-01 05:59 x
金沢一箱は盛況でしたね。今まで出かけていったものは、あのようにお客さんが次から次へいう感じのものは、あまりなかったので、圧倒され、勢いこんで出かけて行ったわりには大したこともお話できず、失礼しました。定例の市になりそうですので、またいつかお邪魔しようと思います。
Commented by anglophile at 2010-09-01 14:07
BOOKRIUMさん、こんにちわ。先日の一箱古本市では少しだけでしたが、お話しさせていただきありがとうございました。
私は初参加でしたが、皆さんのいろんな中身の箱を拝見でき、とても勉強になりました。BOOKRIUMさんの箱も、中心となるテーマがあったようで、すばらしいなあとおもいました。それに比べると私の箱はなんだか雑多な感じだったようにおもいます。また機会があれば、私もなにかのテーマを持って箱の中身を選定してみたいとおもった次第です。またよろしくお願い致します。
Commented by BOOKRIUM at 2010-09-01 23:53
Kanecoさま
お会いできてうれしかったです。
詩集も完売されたようで、よかったですね。またいつかどこかでお会いできるといいですね。
Commented by BOOKRIUM at 2010-09-02 00:03
anglophileさま
参加されるのを知って、どんな箱かな?とたのしみにしてました。場所が離れていたのでゆっくり見られなかったのが残念です。またいつかお会いできるとうれしいです。
「古本万歩計」さんの箱のことは南陀楼さんのブログにものっていましたね。
by bookrium | 2010-08-31 23:29 | 本のまわりで | Trackback | Comments(4)