〈bookrium=book+aquarium〉本の海を回遊するブックリウムの、本と陶芸のある生活です。


by bookrium
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

一箱古本市@源法院 

金沢で一箱古本市が開催です。たのしみですね。
c0095492_2392176.jpg

南陀楼綾繁さんのブログ「ナンダロウアヤシゲな日々」より、
〈金沢で一箱古本市&トーク 〉のお知らせです。

  日 時   8月29日(日) 10時~16時頃
  会 場     源法院 境内&門前(金沢市主計町1-6)
  出 箱   16箱


 《第1回 一箱古本市@源法院 出店者プロフィール》

September Books 石川県輪島市
種々雑多な本・雑誌・CDなどを出します。
ミヤタ書店 金沢市
親父の代は新竪町校下の百姓町で本屋でした。雑多ですが、味のある本を用意致します。
古本万歩計 金沢市
主に日本人作家の小説・エッセイを文庫本中心で。
上関文庫 富山県高岡市
映画関連の書籍を中心に。
Gloini 兵庫県西宮市
この秋に金沢で雑貨や本のお店「Gloini」(アイルランド語で「めがね」の意味)を開きます。
今回の「出張本箱」では暮らしの本を中心に、友人が店番にはいります。
不思議&ヤン・ホルフ 東京都文京区
古本・古道具のお店です。今回は古本の不思議(はてな)、古道具の「ヤン・ホルフ」で出店します
となりまち書房 福井県勝山市
自分たちが面白いと感じた本、雑誌、漫画、など。姉妹店長と友人の3名で出店します。
BOOKRIUM 石川県珠洲市
ku:nel、arneのバックナンバーを中心に暮らしの本、本にまつわる色々…。
おろおろ散歩道 金沢市
こんなもの無くても生きられるんだ。 でも、こんなスパイスがあると人生チョット違うよね!
10 新月いわし洞 石川県珠洲市
なんかもっと本を媒介とした楽しいスペースを模索しています。
11 NYANCAFE-BOOOKS 金沢市
店主が面白いと思った本と、猫グッズが少し。
当日は店主不在ですが、留守番の「すずこ&いずみ&なおみ」が頑張ります。
12 ポレポレコウタロウ 金沢市
古本と新刊を売ります。著者のサイン会もあるかも?
13 Books のらのら堂 白山市
絵本作家です。セレクト古書(アート系?)と、ちょこっとの布小物。
6/3発売の新刊「かんかんかん」(福音館/735円)を販売予定。
14 古本けものみち 東京都荒川区
不忍ブックストリートからこんにちは。
各地をめぐっている「一箱古本市専用箱」とともに、金沢の地に初お目見えします。
仕事場に積み重なり、「けものみち」と化している本の山から発掘した古本、CD、雑誌などを。
15 だんご商店(or 商会) 金沢市
チーム横安江町。ギャラリー喫茶「collabon」からの雑誌色々アンド桐工芸「岩本清商店」の単行本とマンガ。
16 benlly’s 金沢市
本は支離滅裂セレクト!まあ雑貨屋なんで何でも有りなのです。本にまつわる革小物も作れるだけ持っていきます!
新竪町の雑貨店が開くまで店番できます。
≪物販出店≫
「いちばんどり」 ・ 採れたて茶豆、動輪どらやき 他
「欒堂(らんどう)ショップ」 ・ コーヒー、缶ビール、手書加賀友禅製品 他


(出店者プロフィールは配布用から引用させていただきました)
古本万歩計さんのブログは読んでて好きなのでちょっとたのしみです。

bookriumも参加します。初期クウネルvol.2〜22、アルネの創刊〜最終号(抜けもあり)まで。入手困難な号もみんなお安くなっています。村上春樹の家を訪ねたあの号も…。他いろいろかわいらしい本が多いか?(金沢の文学作品も置きたいけどあんまり持ってなかった)他なにかこまごまと。小鳥?とか切手とか。
本はもう送ってしまったので、帰りを軽くするのにがんばります(友達に送ってもらうので)。


前日の28日には、《『一箱古本市の歩きかた』南陀楼綾繁トークツアー
本で街を元気に!》も近江町いちば館で行われます。「カナザワ映画祭」の主催者・小野寺生哉さんと南陀楼綾繁さんのトークだそうです。金沢コミュニティシネマ?の時のイベントで、21世紀美術館で和田誠さんのトークを聞いたなぁ…と思い出しました。
[PR]
トラックバックURL : http://bookrium.exblog.jp/tb/14967362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by K at 2010-08-27 20:25 x
いきなりすいません

2009/05/21のblogを見させて頂きました☆

それについて質問なんですが、[夏の読書]はマラマッド短編集から全部取ったのですか?
それとも、一部を載せただけなのですか?
どうしても夏の読書の訳が必要だったのでコメントしました。
早めの回答お願いします。
Commented by BOOKRIUM at 2010-08-27 21:12
Kさま

短編集から紹介した「夏の読書」は、ストーリーの流れ全体に加島祥造氏の訳を一部引用しています。〈〉の部分が引用です。
他の方の訳でもいいので実際読まれた方が分かると思います。
Commented by kaguragawa at 2010-08-30 00:43
土曜日は突然失礼しました。
「一箱古本市」は、参加できませんでしたが、いずれまた。
秋声記念館の「三島霜川展」、いらしてください。
Commented by BOOKRIUM at 2010-08-31 23:45
kaguragawaさま

土曜日お会いできてうれしかったです。
これからもよろしくお願いします。
三島霜川のチラシも、その日いただきました。
おもしろそうですね。気になりました。
by BOOKRIUM | 2010-08-28 00:46 | 本のまわりで | Trackback | Comments(4)