〈bookrium=book+aquarium〉本の海を回遊するブックリウムの、本と陶芸のある生活です。


by bookrium
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

加能作次郎の作品

c0095492_22104690.jpg

昨年10月に訪ねた、加能作次郎のふるさと、志賀町西海風戸の海。

昨年は加能作次郎の図書館で借りやすい本を読み進めました。作次郎の原本以外で。
作品が重なる本とか、作次郎の幾つの時の作品か探しながら、年齢順に読むのが面倒だったので、my年表と作品一覧を手帳に書いてチェックして読みました。

ここでは、作品一覧を載せてみます。
マークは重なるところです。□5、■5、○5、●3、▲3、△2、・1冊になります。講談社文芸文庫が一番代表作を集めています。

『加能作次郎選集』
■恭三の父
▲厄年
・篝火
△汽船
△迷児
□世の中へ
・難船
・祖母
△屍を嘗めた話
・釜
・凧
・平和な村より
・子供の便り
●母
・父の生涯
○乳の匂ひ
・心境

『加能作次郎集』
・海の断章
・能登の西海岸
・能登の女
・海海鼠
・富来祭
・故郷の冬
・漁村賦
・夜撫で
■恭三の父
・一滴の涙
・弱過ぎる
・もどかしい事
・霰の音
・誑され
□世の中へ
○乳の匂ひ
・お鶴と宗吉
・花簪

『加能作次郎作品集 一』
小説
・嘘又
・極樂へ
・大人と子供
・生靈
・海邉の小社
・故郷の人々
・水は流れる
・犬
・猫
随筆
・ひとり言
・回顧
・土を戀ふ

『加能作次郎作品集 二』
・お富とその叔父
・痴惧
・松林の中
・醜き影
・或る夏のこと
・新婚の妻の手紙
・海に關する斷片

『石川近代文学全集 5 加能作次郎・藤沢清造・戸部新十郎』
■恭三の父
▲厄年
△羽織と時計
□世の中へ
・乙女心

『世の中へ 乳の匂い』講談社文芸文庫
■恭三の父
□世の中へ
○乳の匂い
△汽船
△迷児
△屍を嘗めた話
●母
△羽織と時計

『日本文学100年の名作 第2巻 1924-1933 幸福の持参者』新潮文庫
・幸福の持参者

『百年文庫 雪 加能作次郎・耕治人・由起しげ子』
●母

『大東京繁盛記 山手篇』平凡社ライブラリー
△早稲田神楽坂

青空文庫
■恭三の父
・海と少年
○乳の匂い
▲厄年
□世の中へ
△早稲田神楽坂


作次郎の好きな話はいくつもあります。
「世の中へ」「乳の匂い」はもちろん、おばあさんとおじいさんが孫そっちのけで凧をあげる話(凧)とか、継母にいじめられる少女が少しずつお金を貯めて花簪を夢見る話(花簪)とか、父のない子と母のない子が親の再婚で兄妹になり海へ舟を出しふたりで消えてゆく話(お鶴と宗吉)とか、好きな話です。
中でも「父の生涯」は、年代順に作次郎の周りの人たちのこれまでを読んできたので、積み重なって胸に迫り、村で3人しかいなかった文盲の父が作次郎へ書いた手紙に、涙が少し出ました。現代では『加能作次郎選集』にしか入ってないのがとても残念です。
加能作次郎はもっともっと読まれていいと思います。


[PR]
# by bookrium | 2018-01-03 22:10 | 北陸の作家 | Trackback | Comments(0)

c0095492_15401021.jpg

珠洲焼のかわいい戌の年賀状が届きました。
開けるのがもったいなくて、眺めてます。何につけようかな、と思うのもたのしい。
昨年もいただきました。

[PR]
# by bookrium | 2018-01-02 15:40 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

リーチ先生

〈工房のドアは、いつでも気持ちよく開けてある。
君は、いつでも、そのドアから入って、私のところへ来ればいい。
待っているよ。〉

c0095492_0423935.jpg

昨年作った急須。
原田マハ『リーチ先生』での、バーナード・リーチのこのあたたかい言葉が好きです。
いつでも気持ちよく開けている、こんな気持ちを持って2018年の日々を過ごせたら、と思います。




[PR]
# by bookrium | 2018-01-01 10:30 | 好きな本 | Trackback | Comments(0)

2017→2018

c0095492_16492887.jpg

今日掃除した工房。
今年はいろんなことがありました。主に芸術祭。いろんな人、作品との出会いがありました。
ここで芸術祭関連で毎晩少しずつ叩甕を作ったのも良い経験になりました。
来年はもっと作りたいなと思います。
今年は雑誌『能登』に芸術祭について文章が載ったのも、うれしい経験でした。
去年の年末は加能作次郎を読みたいなと思ってました。今年は加能作次郎を年代順に読んでみたりしてました。志賀町の生家も訪ねたりお墓参りしたり。これについてはまた書くと思います。
作家の人生をたどりながら読み、作家の育った風景を見に行く、というのはいいな、と思います。
芸術祭ロスでしたが、来年は陶芸も文章も、チャレンジしたいことがあるので、がんばろうと思います。




[PR]
# by bookrium | 2017-12-31 16:49 | | Trackback | Comments(0)
c0095492_2365434.jpg

10/22(日)、奥能登国際芸術祭最終日の受付は、EAT&ART TARO「さいはての『キャバレー準備中』」でした。ここは2回目です。
台風の雨風がひどい中も、最後までお客様は来てくださっていました。横なぐりの雨の中来られて、もう全部の作品は周れなくても訪れていただけて、芸術祭すごいなと感じました。
この日のカフェの営業は夕方まで。夜は芸術祭の閉会式が行われました。
珠洲市市長、北川フラムさん、市議、地元関係者、制作、事務局スタッフ、22日にサポーターに入っている人たちで、盛況な閉会式で終わりました。
最終日で7万人に到達したという発表もあり、盛り上がりました。
市長や北川フラムさんの挨拶、これだけの成果や地元の人の支えに、確実に珠洲が何か変わってきている感じを受けました。
挨拶の後は芸術祭のこれまでを振り返る映像、制作準備の掃除、始まってから作品を地元のおじさんおばさんが支えている様子、サポーターで毎週金沢から来られている人の言葉、始まってからの毎朝の元気な朝礼、夜事務局に帰って清算などなど、楽しかったです。
おいしい食事とともに、アーティストの方と再会したり、サポーターで一緒だった人と再会したり。お話しを楽しみ、まわりも芸術祭の話で盛り上がっていました。
余興の芸術祭クイズに参加して景品をもらったり、歌もあり、たのしい夜でした。
小林武史さんが現れて、ステージでピアノの演奏をしてくださったので驚きました。演奏したのは、飯田町のスメル館での展示、南条嘉毅『シアターシュメール』で流れる、ドビュッシーの「夢」。ここの受付に2回行き、作品内でも外でも何度も聞いていた音楽が間近で演奏されて、うれしかったです。
7月からサポーターに参加して、あっという間に最終日まできてしまいました。芸術祭終わるの寂しくなるかなと思っていましたが、閉会式がたのしくて、今まで充実していたなと、寂しい感じはなかったです。3年後に期待がもたれる素敵な夜でした。


[PR]
# by bookrium | 2017-10-23 23:06 | 奥能登国際芸術祭 | Trackback | Comments(0)
c0095492_022184.jpg

c0095492_022148.jpg

c0095492_022165.jpg

c0095492_022141.jpg

c0095492_02219.jpg

c0095492_022237.jpg

c0095492_022267.jpg

c0095492_022279.jpg

[PR]
# by bookrium | 2017-10-23 00:02 | 奥能登国際芸術祭 | Trackback | Comments(0)
c0095492_2348231.jpg

c0095492_2348375.jpg

c0095492_2348312.jpg

c0095492_2348340.jpg

c0095492_2348396.jpg

c0095492_2348361.jpg

c0095492_2348351.jpg

c0095492_2348476.jpg

c0095492_2348444.jpg

c0095492_2348443.jpg

c0095492_2348438.jpg

[PR]
# by bookrium | 2017-10-22 23:48 | 奥能登国際芸術祭 | Trackback | Comments(0)
c0095492_23251326.jpg

c0095492_23251341.jpg

c0095492_23251359.jpg

c0095492_2325136.jpg

c0095492_23251332.jpg

c0095492_23251575.jpg

c0095492_23251521.jpg

c0095492_23251631.jpg

c0095492_23251775.jpg

c0095492_23251955.jpg

[PR]
# by bookrium | 2017-10-22 23:25 | 奥能登国際芸術祭 | Trackback | Comments(0)