〈bookrium=book+aquarium〉本の海を回遊するブックリウムの、本と陶芸のある生活です。


by bookrium
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

KALPAのコーヒー

c0095492_201203.jpg

輪島の朝市通りにあるカフェ、KALPAのコーヒー豆。先日グアテマラを買いました。あっさりして飲みやすかったです。今回2回目で、グアテマラとブラジルを買いました。
カフェでは輪島塗や珠洲焼も販売されていました。

コーヒーは好きです。コーヒーミルを持っていないので、いつも粉で買いますが、豆で買った方が日持ちします。
コーヒーミルは憧れているミルがあります。
小学生の時に読んだ、大好きな本『大どろぼうホッツェンプロッツ』に出てくる、音楽が流れるコーヒーミル。ホッツェンプロッツは、おばあさんの持っているこのコーヒーミルをとても欲しがります。オルゴールつきのコーヒーミルというものもあるみたいです。おばあさんのこのコーヒーミルに昔から憧れてます。





[PR]
# by bookrium | 2017-06-21 18:35 | 奥能登歳時記 | Trackback | Comments(0)

借りた本

c0095492_18204343.jpg

スタンダードブックスの中西悟堂は金沢生まれ。
松浦弥太郎さんの本2冊。
『アーティストのためのハンドブック 制作につきまとう不安との付き合い方』フィルムアート社。こんな本があるんだな、と思って。〈作品をつくることとは、人間の声に合わせて歌うことです。〉という文に惹かれました。自分がアーティスト、ではなく、いつか誰かへ伝えられるかも、と思って借りました。
『ワーク・シフト』は図書館で前から気になっていて。

c0095492_18204358.jpg

京都 日常花 市井のいけばな十二ヶ月』『川瀬敏郎 一日一花』。一日一花は借りるの2度目。日常花には冒頭に川瀬敏郎の文章が載っています。
〈花をいけることは、美しい花のいのちへの「信仰」からはじまっています。「いける」の元々の意味は、「花を鎮める」ことです。〉
花は「なげいれ」が好きです。この2冊は花の器も見たくて借りました。

[PR]
# by bookrium | 2017-06-20 18:20 | 借りた本 | Trackback | Comments(0)

最低で最高の関係

c0095492_17545230.jpg

〈松浦さんのしたいことは、ジャンルは違うけれど私とかなり近いことで、それはたぶん「夢がなければ生きていても意味がない」という旗を掲げた、世代的なものだということ。そのために生きて死んでいった人たちの志を継ぐものたちだということ。〉

よしもとばななのエッセイ『人生の旅をゆく2』。「最低で最高の関係」という文章で、松浦弥太郎さんについて書かれています。

〈小さい頃や若い頃に、本に救われ、本に寄り添って生きてきたことがある人だということ。〉

長い川沿いを歩いて、中目黒にある松浦さんの古書店カウブックスで本を買って、コーヒーを飲んで、息子と外のベンチで座り、仕事を終えた夫を待つ。

〈さあ、ごはんでも食べに行こうか、と立ちあがるとき、私はこのお店に長いあいだ幸せをもらっていることを感じる。〉

〈この美しい書店が長く続いていることは希望の光みたいなものなのだ。〉

13年位前に、中目黒のカウブックスに行ったことがあります。
松浦さんの『最低で最高の本屋』という本が大好きで、実際行ってみて、そこにカウブックスがある、ということがうれしかったことは、忘れられません。
今も続いていて、よしもとばななさんの文章に綴られていることが、うれしいです。

よしもとさんの本を翻訳しているイタリア人を連れていったら、とても喜んでじっくりと本を見てたくさん選んだこと。

〈彼は幸せそうに「こんなすばらしい書店、イタリアにもあったらどんなにいいだろう」と言った。
この言葉は、松浦さんがしたかったことを叶えているのではないかと思う。〉


このエッセイを読んで、何年たっても、行けばそこにちゃんとある。あるべき本があって、心地よく過ごせる。そんな古本屋が今もある、ということが、なんだかうれしく、あたたかい気持ちになりました。


[PR]
# by bookrium | 2017-06-20 14:17 | 好きな本 | Trackback | Comments(0)

借りた本

c0095492_2040114.jpg

湯川秀樹は平凡社のSTANDARD BOOKSシリーズ。

『正直』松浦弥太郎さんの本は、最近読んでなかったなと思って。

『Q 人生って?』よしもとばななの本もひさしぶり。本棚で目に留まって。人生相談の本は、平易な言葉で綴られていて、惹かれました。〈なんでも底の底に沈むと、そこには広い空間があり、呼吸も深くなり、ものごとが静かに見えてくるものです。/何度でも底に沈み、何度でも浮き上がり、底にいる自分のほうに軸を置くしかないのです。〉
エッセイは、表紙をめくると帯が貼られていて、〈人がこだわりをなくし、より幸せに、気楽に、それでもよりその人らしさを、命を燃やして生きるにはどうしたらいいんだろう?人がこの世を去るときに、悔いがないと言えるためにはどうしたらいいのだろう?〉という言葉に惹かれました。

文學界は、島尾敏雄・ミホ特集。巻頭は島尾伸三の写真に満島ひかりの詩。『海辺の生と死』を演じる、奄美大島にルーツのある満島ひかりのインタビューで、〈昔の話を読む時は、まず基本、「匂い」先行です。〉という言葉が、ストンと来ました。

舟越桂は前から好きです。先日テレビの対談を見たところ。〈肯定的に人間の存在を彫刻にしたい〉という言葉が印象的でした。作品集を見つけて借りてみました。川上弘美の文章も載っています。

大壺・小壺は借りるの3回目。珠洲焼も載っています。


[PR]
# by bookrium | 2017-06-06 20:40 | 借りた本 | Trackback | Comments(0)

珠洲焼の秋草文壺

c0095492_19185999.jpg

今日から珠洲焼資料館で珠洲焼の里帰り展が始まりました。
資料館友の会に入っているので、無料で観覧。
市外に流出した珠洲焼の展示で、私の大好きな秋草文壺も飾られています。
秋草文壺が好きで、珠洲焼を始めて4ヶ月位経ってから模写してみました。
写真の壺は、その時に作ったものです。今日本物を見たら、私のこれはちょっと小さいです。4面に萩などの秋草が描かれています。未熟だけど、その時一所懸命に本見て写したので、これはこれで良しとしてます。以前このブログにものせました。ちなみに卒業製作も秋草文壺でした。
秋草文壺は4つしか見つかっておらず、そんな所もなぜだろうと気になります。
800年位前の人が描いた模様に、心掴まれる所が好きです。見てて飽きない。昔の珠洲焼がやっぱり好きです。
展示は7月30日まで。写真撮れないから、毎週見に行きたい位です。

[PR]
# by bookrium | 2017-06-03 19:18 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

借りた本

c0095492_2030073.jpg
図書館で今日借りた本。
ずっと本を読む意欲を失くしてましたが、今日、読みたくなりました。
『青べか物語』は表紙安野光雅。内容も惹かれました。
古井由吉のこの本は表紙の装丁も好きです。
島尾敏雄の『死の棘』は21位の時に読んで、また読みたくなりました。文学界だったか、満島ひかりの島尾作品の映画インタビューを読んで、島尾敏雄の本を再読したくなりました。
コレクション戦争と文学は、今読んだ方がいい気がして。
7つの習慣は、実際やってる人いるのかな?と気になりました。

c0095492_2030184.jpg
今日人におすすめで借してもらった本。
SFはあまり読まないから、新しい出会いです。

[PR]
# by bookrium | 2017-05-31 20:30 | 借りた本 | Trackback | Comments(0)

5月の工房

5月はこんなのを作ってました。
c0095492_201024100.jpg
直径53cm。黒いテープはアイシーテープ。すぐなくなったので、黄色いマスキングテープを切り貼りしました。3mm幅と1mm幅位。
c0095492_20102438.jpg
松灰を掛けて、テープを剥がします。灰の掛かった所は艶のある黒いライン、掛かってない所はマットな黒いラインになる予定でした。
これは割れてしまったので、残念な結果に。

c0095492_2101174.jpg
やる気を出すためにとりあえず工房の掃除。
壁に色々貼っているのは、壁が剥がれてくるからです。ここには珠洲焼で私の一番好きな秋草文壺の写真と、備前焼で好きな伊勢崎満さんの緋襷大徳利の写真を貼っています。
c0095492_2101180.jpg
本も置いてます。陶芸に関係ないのも置いてます。飾っているベン・シャーンの本は、この表紙が大好きです。
c0095492_21011100.jpg
廊下から丸見え。手前の緑色のガラス作品は、以前金沢アナザームーブメントというイベントの抽選で当たりました。

この5月の間に窯焚きしたり失敗したり。しばらく工房も来てなかったので、随分時間が経ってしまった気がします。次は成功するように、また作ろうと思います。



[PR]
# by bookrium | 2017-05-30 20:10 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

陶芸の本

c0095492_1950273.jpg

好きな陶芸の本2冊。
江口滉『陶芸入門 原料から完成まで』は図書館で何度も借りて、最近古本で買いました。
1973年初版。手元の本は1990年第34版です。
冒頭の言葉。
〈機械文明の渦中に巻きこまれ、人間性を失いつつあるといわれている現在の生活のなかで、私たちひとりひとりが、生活にやすらぎを得るには、余暇を利用して、趣味をいかすという消極的態度ではなく、もっと積極的に、生活そのものにとり組むべきだと思います。身のまわりのどんなささやかなものでも、私たち自身のためのものを、私たち自身の手でつくりだすことができれば、どんなにすばらしいことでしょう。〉
第1章が〈仕事場と設備、道具〉で、最初に〈粘土貯蔵用コンクリート槽のつくり方〉が出てくるところが本気です。

『電動轆轤マスターブック』は豊富な写真でロクロ作業を解説しています。
これは作品を作る際の粘土の土取りを、直径・深さが何cm、指を入れて何cm窪ませるとか、ここまで書いてるので分かりやすいなと思います。

この2冊と図書館で借りたバーナード・リーチの『陶工の本』、大西政太郎の『陶芸の土と窯焼き』が、自分の指標かもしれません。





[PR]
# by bookrium | 2017-04-24 19:50 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)